バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】 イメージ画像

更新情報

バフェット太郎です。アパレルブランド「ダーバン」や「アーノルドパーマータイムレス」で知られるアパレル大手のレナウンが経営破綻しました。これによってレナウン株は東証一部から上場廃止となります。経営悪化の主な要因は、親会社の山東如意集団から売掛金が回収できな
『【悲報】アパレル大手レナウンがコロナ倒産 ただし原因は親会社の山東如意集団か』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイがゴールドマン・サックス(GS)株の84%、JPモルガン・チェース(JPM)株の3%を3月末までに売却していたことが明らかになりました。また、損害保険で米最大手のトラベラーズ
『【悲報】バフェット、ゴールドマン株の大量売却で、金融株から避難か』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて、世界各国がロックダン(都市封鎖)を発令したこと、さらに経済活動の停止を受けて原油需要が激減したことで、新興国経済が壊滅的な打撃を受けています。とりわけトルコは観光客が7割近く減少
『【朗報】新興国でビットコイン需要が爆増!!自国通貨の大暴落受けて』の画像

バフェット太郎です。米国では経済活動再開への期待感が高まっていますが、今回の「コロナショック」でとどめを刺される小売株は多く、淘汰の波が押し寄せることはほぼ確実です。そして、淘汰の波は生き残った一部の強者により大きな力を与えるきっかけとなります。ロックダ
『【明暗分かれる小売株】コロナ後の世界は強者がますます強くなる世界』の画像

バフェット太郎です。米労働省が発表した失業保険申請件数は予想250万件に対して、結果298万1000件と予想より悪かったです。米労働市場が依然として壊滅的な打撃を受けていることが明らかになりました申請件数は過去8週間で3647万1000件に上り、米労働人口が1億6300万人であ
『【悲報】失業保険申請件数は過去8週間で3647万件と桁外れの数字に 5月失業率は20%に達する見通し』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット氏が航空株4銘柄の全株売却に続いて、米大手地銀USバンコープ株を一部手放したことが明らかになりました。売却総額は1630万ドル(約174億円)でした。【バークシャー・ハザウェイのポートフォリオ】バークシャー・ハザ
『【悲報】バフェット、「お気に入り」の米地銀最大手USバンコープまで売却する』の画像

バフェット太郎です。FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長が講演で「米経済は第二次世界大戦以降最悪で、極めて深刻な状態だ」とした上で、「生産や所得の長期停滞を避けるには、追加の政策手段が求められる」として、さらなる資金供給や金融緩和策を検討しているとの
『FRBパウエル議長、「米経済は深刻な状況」とし「追加の政策手段が求められる」とさらなる金融緩和策検討を示唆』の画像

バフェット太郎です。12日のNYダウ株式市場は前日比457.21ドル(1.89%)安の2万3764.78ドルと急落して取引を終えました。急落した主な要因は、経済活動再開への期待感が高まる中、国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長がロックダン(都市封鎖)措置の解除を急げば、
『新型コロナ第2波のリスク懸念で株価急落』の画像

バフェット太郎です。原油・天然ガスの価格の大暴落を受けて、米シェール大手のチェサピーク・エナジー(CHK)が米連邦破産法11条の適用申請を検討していることが明らかになりました。チェサピークは上・中流部門で展開する老舗天然ガス大手で、ペンシルベニア州とルイジアナ
『【悲報】米シェール大手チェサピーク・エナジーは年内にも経営破綻か』の画像

バフェット太郎です。伝説的で秘密主義の投資家ジム・シモンズ率いる大手ヘッジファンド、ルネサンス・テクノロジーズがビットコイン投資に参入したことが米SEC(証券取引委員会)に提出した資料で明らかになりました。シモンズ氏は数学者として「チャーン・シモンズ理論」を
『伝説の投資家ジム・シモンズ氏がビットコイン投資に参入!!』の画像

バフェット太郎です。「コロナショック」による株価の急落を受けて、これから株式投資を始めてみようと考えている人の中には「一体に何に投資すればいいの?」と疑問に思っている人も少なくないと思います。投資の世界では「S&P500インデックスファンドに投資して配当を再投
『趣味としての投資を楽しむ』の画像

バフェット太郎です。米国株式市場は経済活動再開への期待感の高まりを受けて、S&P500種指数は2929.80と、コロナショック前の高値3393.52から13.7%安の水準まで回復しています。また、底値2191.86からはすでに33.7%上昇しています。ただし、好調な株式市場がこのまま続くの
『【ヤバい】米カード延滞急増で限度額引き下げへ 消費停滞が長期化し経済の回復ペースは鈍化か』の画像

バフェット太郎です。米超大型ハイテク企業の「FAAMG(あるいはGAFAM)」(フェイスブック、アマゾン・ドットコム、アップル、マイクロソフト、アルファベット)の時価総額の合計が約560兆円と、東証一部上場企業約2170社の時価総額の合計約550兆円を上回りました。2016年末
『FAAMGの時価総額560兆円で東証1部を上回る!米ハイテク株への長期投資は報われるか』の画像

バフェット太郎です。投資銀行大手のゴールドマン・サックス(GS)とモルガン・スタンレー(MS)が、それぞれ「世界の経済活動は底打ちしたようだ」と強気の先行き見通しを示しました。とりわけ消費者の期待感が改善し、人々の移動が増加しつつあること、そして感染拡大初期
『米投資銀行大手三行、「経済活動底打ち」と強気の見通し示す』の画像

バフェット太郎です。米労働省が4月の雇用統計を発表しました。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響を受けて、労働市場は1930年代の大恐慌以来最悪の数字を記録しました。【非農業部門雇用者数:2008-2020】まず、非農業部門雇用者数は予想2200万人減に
『【4月雇用統計】失業率14.7%、大恐慌以来の最悪に』の画像

バフェット太郎です。次世代の安全資産と呼ばれ、「デジタル・ゴールド」の異名を持つ「ビットコイン」が一時1万ドルを突破するなど、コロナショック前の水準まで値を戻しました。ビットコインが急騰している主な要因は、政府による景気刺激策の一環として給付金が配られたこ
『【祝】ビットコイン1万ドル突破!著名投機家ジョーンズ氏「ビットコインはまるで1970年代のゴールドのようだ」』の画像

バフェット太郎です。経済活動再開への期待感が高まる中、ナスダック総合指数は前日比125.27ポイント(1.41%)高の8979.66ポイントと年初来でプラス圏に回復しました。S&P500種指数が年初来で11%安、ダウ平均が16%安であることを考えると、ハイテク株の力強さが際立ってい
『【悲報】ナスダック総合、年初来でプラス圏に回復も、実体経済の悪化が止まらない』の画像

バフェット太郎です。トルコリラが一時1ドル7.2リラと、2018年の「トルコショック」時の最安値を下回りました。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が世界経済に大打撃を与える中、トルコも例外なく危機に瀕していて、通貨トルコリラが国内から大量に流出して
『【悲報】トルコ経済がデフォルトの危機に』の画像

バフェット太郎です。雇用統計の前哨戦となる4月の米ADP非農業部門雇用者数は予想2005万人減に対して、結果2023万6000人減と予想を下回りました。また、雇用者数がこれまで最も大きく落ち込んだのは金融危機後の2009年2月に記録した83万5000人減でした。【米ADP非農業部門雇
『米ADP非農業部門雇用者数2020万人減と労働市場に壊滅的な打撃』の画像

バフェット太郎です。経済活動再開への期待感が高まる中、ISM(米供給管理協会)が製造業景況指数と非製造業景況指数を発表しました。そもそもISM製造業景況指数とは、製造業の購買担当役員にアンケート調査を実施し、その結果をもとに製造業の景況感を表したものになります
『米ISM非製造業景況指数は11年ぶり低水準 経済活動再開に伴い回復なるか』の画像

バフェット太郎です。5日のNYダウ株式市場は前日比133.33ドル(0.56%)高の2万3883.09ドルと上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は、経済活動が再開しつつあることへの期待感が高まったためです。新型コロナウイルスの感染拡大を巡って、米各州はロックダウン(都市
『経済活動再開への期待感高まるも、クラリダFRB副議長「失業率は1940年以来80年ぶりの水準に悪化」』の画像

バフェット太郎です。米シェアオフィス「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーの創業者で前CEOのアダム・ニューマン氏が自身を含む既存株主が保有するウィーカンパニー株の買い取りを巡り、ソフトバンク・グループを提訴しました。これは、ソフトバンク・グループが当初
『【悲報】ウィーワーク創業者のニューマン氏、「30億ドル払え」とソフトバンクGを提訴へ』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて、米企業の破綻連鎖が始まりつつあります。米アパレル大手のJクルーが米連邦破産法11条の適用を申請し経営破綻しました。これは、ロックダウン(都市封鎖)が発令したことで全約500店舗が営業
『【悲報】コロナショックで米企業が破綻し始める 』の画像

バフェット太郎です。株式投資を始めてみたものの、突然のコロナショックで資産が大きく目減りして、「株式投資ってやっぱり儲からないんだ…」と考えた人も少なくないと思います。たしかに、世界各地でロックダウン(都市封鎖)が発令し、世界の経済活動が停止するなどとい
『【コロナショック】目先の含み損に耐えきれず、投機に走る愚かな個人投資家たち』の画像

バフェット太郎です。バフェットは米国株がしばらく低迷することを予想しているかもしれません。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRK.B)の第1四半期決算によれば、現金及び現金同等物が1370億ドル(約14兆6000億円)と莫大な手
『バフェット、バークシャーの本質的価値の毀損を示唆か』の画像

バフェット太郎です。日本経済新聞によれば、新興国からわずか100日で10兆円もの資金が流出するなど、新興国売りが加速しているとのこと。ちなみに、流出ペースは2008年の金融危機の約4倍に達するそうです。新興国から資金が流出している主な要因は、新型コロナウイルスの感
『新興国経済、資金流出で負のスパイラルに陥る』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット氏がバークシャー・ハザウェイ(BRK.B)で年次株主総会を開き、「新型コロナウイルスによって世界は変わる」とし、航空大手4社の株をすべて売却したことを明らかにしました。バフェットはデルタ航空、アメリカン航空、
『【悲報】バフェット、航空株への投資から完全撤退!!』の画像

バフェット太郎です。2020年4月末の資産総額は約7020万円と、前月の約6450万円から570万円(+8.8%)増加しました。【運用状況】新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴い、株式市場は大暴落しましたが、その後マーケットは感染危機収束への期待感から大きく
『【運用状況】2020年4月末の資産総額は7020万円でした!』の画像

バフェット太郎です。米石油メジャー最大手のエクソン・モービル(XOM)が第1四半期決算を発表しました。EPSは予想0.04ドルに対して、結果0.53ドルと予想を上回りました。売上高は予想548億1000万ドルに対して、結果561億6000万ドルと予想を上回りました。純損益は6億1000万
『【XOM:20.Q1】エクソン、32年ぶりの赤字に転落 減損損失計上で』の画像

バフェット太郎です。米タバコ最大手のアルトリア・グループ(MO)が第1四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想0.99ドルに対して、結果1.09ドルと予想を上回りました。売上高は予想46億2000万ドルに対して、結果50億5000万ドルと予想を上回りました。通
『【MO:20.Q1】アルトリア、紙巻きタバコの販売が急増している理由』の画像

バフェット太郎です。ファストフード世界最大手のマクドナルド(MCD)が第1四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想1.6ドルに対して、結果1.47ドルと予想を下回りました。売上高は予想46億9000万ドルに対して、47億1000万ドルと予想を上回りました。世界の
『【MCD:20.Q1】マクドナルド、世界の3月既存店売上高は22%減、4月は70%減の過去最悪を落ち込みを記録』の画像

バフェット太郎です。ビットコインが一時9000ドルの大台を突破し、円建てでは100万円の大台を突破しました。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によりロックダウン(都市封鎖)が発令したことで、在宅勤務をしている個人投資家たちの投資マネーがビットコイン
『【祝】ビットコイン一時100万円の大台を突破』の画像

バフェット太郎です。コロナショックにり米経済は大打撃を受けていますが、FRBが前人未到の領域に足を踏み入れていることを考えれば、長期的に見れば株や金にとって追い風になります。★★★米商務省が発表した第1四半期GDP(国内総生産)速報値は4.8%減と、2008年第4四半期
『FRB、前人未到の領域に ダウは底堅く、ゴールドは大暴騰する』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)により、米経済が危機的な状況に陥る中、FRBは無制限の量的緩和政策に踏み切るなど、規格外の金融緩和に動いています。そのため、中には「ドルが大暴落してハイパーインフレになる」と主張している
『【コロナ後の世界】米経済はハイパーインフレとなるか』の画像

バフェット太郎です。グーグルを傘下に持つアルファベット(GOOGL)が第1四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想10.71ドルに対して、結果9.87ドルと予想を下回りました。売上高は予想409億9000万ドルに対して、結果411億6000万ドルと予想を上回りました
『グーグル、決算内容に隠れる将来への懸念』の画像

バフェット太郎です。おかげさまで拙著『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』の14刷が決定しました!お買い上げ頂いたみなさん、ブログを読んでくださってるみなさん、そしてYouTubeをご覧くださってるみなさん、いつも本当にありがとうございます!!これで累計発行部数
『【14刷4万8000部突破!!】『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』の14刷が決定しました!!【感謝】』の画像

バフェット太郎です。27日のNYダウ株式市場は前日比358.51ドル(1.51%)高の2万4133.78ドルと大きく上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は、米国の複数の州で経済活動再開に向けた動きが強まっていて、投資家らが感染危機の収束を織り込みつつあるためです。具体的
『【米国株】市場は感染危機収束を織り込み始める』の画像

バフェット太郎です。日銀が金融政策決定会合で、追加の金融緩和策を決定しました。これを受けて日経平均株価は前日比521.22円(+2.71%)高の1万9783.22円と大きく上昇しました。今回発表された追加の金融緩和策は主に三つあります。一、CP(コマーシャルペーパー)や社債な
『日銀、国債買い入れ枠の上限撤廃を決定で日本株急騰』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて、バンガード・トータル・ワールドストックETF(VT)は、コロナショック前の高値から35.2%安を記録するなど歴史的な大暴落となりました。しかし、その一方で反発力も力強く、現在はコロナショ
『ブラックスワンに備える投資術』の画像

バフェット太郎です。日本のような先進的で豊かな資本主義社会では、米国株に投資することで誰もが資本主義の恩恵を享受することができるのですが、投資を知らない情弱民ほど、投資で儲かったお金で「海外旅行に行こう」とか「マイホームを建てよう」とかバカなことを考えて
『資本主義の恩恵を台無しにする情弱な個人投資家たち』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による打撃を最も受けたセクターの一つに「レストラン」が挙げられます。これは、人々の外出自粛により売上が激減する一方、家賃などの固定費は減らすことができないため、経営難に陥るためです。しか
『明暗分かれるレストラン株投資』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、米国株式市場は最大35.4%下げる場面がありましたが、現在は底値から29.4%高、コロナショック前の高値からは16.4%安の水準まで回復しています。これは、ペンス副大統領が5月25日のメモリアルデー(戦没者追悼記
『【二番底に備える】賢明な投資家のための投資戦略』の画像

バフェット太郎です。米タバコ最大手のアルトリア・グループ(MO)の株式を一株39.38ドルで130株、5119ドル(約55万円)分買い増しました。【取引履歴】バフェット太郎のかねてから米連続増配高配当株10社に均等分散投資しているのですが、「毎月最後の金曜日に『組み入れ比
『【MO】不人気優良株のアルトリアを55万円分買い増しました。』の画像

バフェット太郎です。著名トレーダーのマーク・ミネルヴィニ氏が「市場は底を打ったようだ」として、米国株式市場の先行き見通しに強気の見方を示しました。これまでミネルヴィニ氏は、コロナショック後の暴落局面で「まだ不確実なことが多すぎる」とした上で、「今は買い向
『【朗報】著名トレーダーのミネルヴィニ氏「市場は底打ちした」と、慎重派から強気派へ転向』の画像

バフェット太郎です。タバコ世界最大手のフィリップ・モリス・インターナショナルが第1四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想1.13ドルに対して、結果1.34ドルと予想を上回りました。売上高は予想67億9000万ドルに対して、結果71億5000万ドルと予想を上
『【PM:20.Q1】タバコ世界最大手のフィリップ・モリス、通期の業績見通しを撤回【コロナ危機】』の画像

バフェット太郎です。4月20日、WTI原油先物の5月物価格が一時-40.32ドルを記録するなど、原油市場が大混乱に陥っていますが、6月物価格も一時6.50ドルを付けるなど、下げ止まりの兆しが見えません。そもそも「先物取引」とは、将来の売買について予め約束する取引のことです
『原油市場大パニック 米原油ETFは上場廃止か』の画像

バフェット太郎です。ソフトドリンク大手のコカ・コーラ(KO)が第1四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想0.44ドルに対して、結果0.51ドルと予想を上回りました。売上高は予想83億7000万ドルに対して、結果86億ドルと予想を上回りました。ガイダンスは
『【KO:20.Q1】コカ・コーラ、クインシーCEO「コロナの影響は”甚大”なものになる」と警告【株価急落】』の画像

↑このページのトップヘ