バフェット太郎です。

米国株投資家に人気の高い、デンマークのノボ・ノルディスク(NVO)の株価が前日比-12.90%安と、過去14年間で最大の下げに見舞われました。

急落した主な要因は、2016年通期の業績見通しを再度引き下げたためです。これは米国での事業環境が厳しさを増していて、収益柱の糖尿病治療薬に対し薬剤給付管理会社から強い値下げ要求を受けたためです。

そもそもノボ・ノルディスク(NVO)とは、1923年に創業したデンマークに拠点を置く老舗製薬会社なのですが、ニューヨーク市場にも上場しているため、ADR(米預託証券)としてNVOの株を買うことができます。配当は20年弱連続で増配を続けてい増配株です。

NVOは主に糖尿病、肥満等の慢性疾患の分野で高い市場シェアを誇っており、糖尿病治療薬の世界市場シェアは27%と世界最大です。

地域別売上高は北米が50%占めており、欧州を含めれば75%になるため、今回の薬価引き下げ問題は短期的な業績見通しを悪化させる要因となります。しかし、最近では中国市場の成長率が高いため、長期的に見れば割安な価格でNVOを買うチャンスと言えます。

【業績概況】
2
営業利益率は前期45.8%だったものの、薬価引き下げ問題を受けて今後は低下します。売上高、営業利益は今後も緩やかに上昇していくと予想されています。
3
配当性向は前期37%と余力は十分にあります。現在のPERは16.54倍、配当利回り3.96%は配当再投資戦略を実践したい投資家にとって魅力的な利回りです。
1
NVOの10年チャートです。株価急落により配当は魅力を増したものの、サポートラインは30ドル程度なので、短期的な下げ相場はまだ終わっていないと思います。

グッドラック。

SPONSORED LINK