バフェット太郎です。

みなさん、あけましておめでとうございます。

『バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)』も早いもので開設して一年が経ちました。(みんな読んでくれてありがとー)

さっそく2016年12月の運用状況の報告です。

2016年12月の資産総額は4538万6153円、評価損益は+298万円でした。
3
新規で70万円入金しました。現金比率は7.62%と前月の7.78%から0.16%pt低下しました。
5
配当はコカ・コーラ(KO)、マクドナルド(MCD)、IBM、エクソン・モービル(XOM)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)から合計1006.54ドル受け取りました。
6
買い増した銘柄はジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)とアルトリア・グループ(MO)で、それぞれ2875ドル、3044ドル分買い増しました。
4
評価損益は+298万円と、前月の90万円から大きく上昇しました。また、配当金の累計額は7800ドル(約90万円)だったため、配当込みの評価損益は+400万円弱になります。

★★★

バフェット太郎が信じているものはジェレミー・シーゲル著『株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす』です。米国の連続増配実績を持つ高配当株に投資し、配当を再投資することでお金持ちになれると信じているのです。このブログも運用結果の記録を目的としています。

2016年は強気相場だったこともあり、10%程度の含み益を達成することができましたが、来年は弱気相場になると予想しているのでリターンはあまり期待していません。しかし、20年、30年の長期で株式市場を眺めたとき、配当再投資戦略は年率平均10%程度のリターンが期待できるので、これを続けることができれば自然と億万長者になれると確信しています。

さて、今年からは入金額を70万円から50万円に減らし、買い増し回数も月二回から月一回(月末)に減らす一方、一度の買い付け金額を3000ドル前後から4000ドル以上へ増やそうと思います。これは買い付け手数料を減らすためです。また、弱気相場により株価が暴落したとしても、買い増す頻度を変えたり、予定を早めて投資することもしません。買い増す銘柄も今まで通り構成比率最下位銘柄で、ルールを厳守します。

それでは今年も一年よろしくお願いします

グッドラック。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします