バフェット太郎です。

IBMが第4四半期決算を発表しました。内容は良かったです。

EPSは予想4.88ドルに対して、結果5.01ドルと予想を上回りました。

売上高は予想216億3000万ドルに対して、結果217億7000万ドルと予想を上回りました。

16年通期のEPSは予想13.48ドルに対して、結果13.59ドルと予想を上回りました。

17年通期のEPS見通しは予想13.74ドルに対して、新ガイダンス13.80ドル以上と予想を上回りました。

売上高は19四半期連続で減少し、営業利益率は51%と、5四半期連続で前年同期比に比べ低下したものの、全体的な数字は予想を上回る良い内容でした。

【IBMの事業ポートフォリオ】
1
【各事業の売上高】
2
売上高全体の44%を占めるテクノロジー・サービス&クラウド・プラットフォームと23%を占めるコグニティブ・ソリューションズの二大収益柱はそれぞれ+1.7%(+2.4%)、+1.4%(+2.2%)の増収となりました。

※()内は為替要因を除いた増収率

【各事業の売上総利益率】
2
主力事業が増収も、各事業では利益率が低下しており、全体の売上総利益率は15年49.8%に対して、16年47.9%とー1.9%pt低下しました。

それでもロメッティCEOは2016年は「IBMが業界をリードするコグニティブソリューションとクラウドプラットフォーム企業としての地位を確立した年だ」と強気の発言をしました。これはIBMがワトソンやブロックチェーン、クラウド事業などで、世界各国の大企業、そして行政機関とパートナーシップを結んだことで、金融、自動車、医療、航空、小売、行政などあらゆる産業で収益基盤の下地を作ったことが背景にあります。

そのため今期からIBMは強気の上昇トレンドを形成すると思います。
3
2017年通期EPS見通しは13.80ドルで、過去10年の平均PERが12.8倍だったことから、今年の目標株価は176.64ドルです。また、投資家の期待値が上昇しPERが14倍になるなら、目標株価は一気に193.20ドルまで上昇します。

グッドラック。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします