バフェット太郎です。

投資本の中には、「私はこのやり方でお金持ちになりました」というような、お金持ちになるための秘密のメソッドを教えてくれる本があります。

しかし、世の中には秘密のメソッドを教えてくれる本はたくさんありますが、その秘密のメソッドを参考にしてお金持ちになった投資家は一人もいません。それは何故なのでしょうか。

結論から言えば、その秘密のメソッドは、その景気局面でたまたまうまくいったやり方なだけであって、永久に通用するやり方ではないからです。

例えば、「特定の条件下にある日本株に投資した結果、過去8年間で年率平均利回り30%で運用することができた」と豪語する投資家がいます。世界一の投資家で投資の神様と言われるウォーレン・バフェット氏の年率平均利回りが22~25%程度であることを考えれば、まさに驚異的なパフォーマンスで、個人投資家なら誰もが憧れる存在です。

しかし、8年前というのはリーマンショック後ということもあり、株価が大底をつけていた時期です。つまり、年率平均利回り30%で運用できなのは、大底の時期に小型株などボラティリティの高い銘柄に投資して、長期の上昇トレンドに乗った結果、お金持ちになれただけなのです。

別の言い方をすれば、お金持ちになれたのは「秘密のメソッド」が理由ではなく、「波に乗った」だけなのです。バフェットの言葉を借りれば「潮が引けば誰が裸で泳いでいたかわかる」と言われるように、それまでのトレンドが崩壊すれば、そのやり方も通用しなくなり、むしろ「負け犬投資法」に成り下がるのです。

そのため、世の中には「秘密のメソッド」を参考にしてお金持ちになった投資家が一人もいないのです。

もし、あなたの前に「過去8年間で年率平均利回り30%で運用した」と豪語する投資家が現れて、「秘密のメソッド」を教えてくれると言ってきても、話半分に聞いて参考にはしない方がいいですよ。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします


SPONSORED LINK