バフェット太郎です。

バフェット太郎はブログでロボアドバイザーのウェルスナビを紹介しているのですが、これを投資ブロガーの今井バフェットがシェアブログというわけのわからないサイトにこう記していました。
普段あれだけ難しいブログを書いているバフェット太郎さん(金融リテラシー高め)まで「1%がおトク」と言ってしまうのはイチ読者として見てて悲しくなりました(本当にいいと思っているなら別ですがそんなわけはない)。
シェアブログ
このエントリーをバフェット太郎のアンチたちが嬉々としてツイッターで拡散したおかげで、バフェット太郎は世間で「クソダサいアフィカスブロガー」呼ばわりです。














どうしてくれるんだ今井バフェット。













そもそもウェルスナビというサービスは、投資に興味はあるけれど、なかなか自分でポートフォリオを構築して運用するのは難しいと考えている、金融リテラシーの低い大衆をターゲットにしています。これは、ウェルスナビ社長の柴山和久氏が同社を立ち上げたきっかけが背景にあります。

日本経済新聞のインタビュー記事によれば、柴山社長は自分の両親と妻(米国人)の両親の金融資産に愕然とするほどの格差があったことに衝撃を受けたそうです。
米国人の妻の父は公務員、母な石油会社に勤務していました。私の父は大手保険会社、母は銀行勤務でした。学歴も年収も勤続年数もほぼ同じなのに、妻の両親の金融資産は数億円と、私の両親の10倍ありました。

米国の多くの企業は、若い社員に資産運用をさせます。専門家の助言を受け、給与から毎月積み立てで世界の株式や債券に分散投資します。年間の利回り目標は3~5%程度ですが、30年、40年と長期間、積み立てて投資を続けると、リタイアする時には、億を超える資産を手にします。だから老後の不安も少なく、幸福な第二の人生を迎えることができるのです。( 日本経済新聞

このような例は米国では珍しくなく、勤勉に働き、倹約に努め、長期で資産運用することで誰もが億万長者になれます。一方で、日本では株式投資はギャンブルと同じような扱いをされ、資産形成の役に立つとは考えられていません。さらに、長年投資経験のある人でさえ、投資で成功するためには何らかの専門性や特別な素質が必要だと考えています。

しかし、資産形成をするのに何らかの高度な専門性を必要としなければ、特別な素質も必要ありません。ごく普通の米国人がETFを利用してお金持ちになっていることから、日本人も同様に資産形成をする場合はETFを利用した方が賢明です。

とは言え、誰もが合理的で適切なポートフォリオを構築し、経済状況に合わせてリバランスをし、感情的にならず機械的な積立投資ができるわけではありません。例えば今井バフェットがタイムマシンに乗って30年前の自分の両親に会いに行き、「資産運用をした方が良い」と一言だけ言って去ったとします。

さて、今井バフェットのお父さんとお母さんはまともな資産運用ができるでしょうか?仕事と子育てで忙しい中、資産運用の勉強など出来るでしょうか?また、常に合理的で冷静な判断の下で運用が出来たでしょうか?

ウェルスナビというサービスは、今井バフェットのご両親のような大衆、つまり柴山社長が自分の両親に捧げたかったサービスに他ならないわけです。

投資の世界では、「S&P500ETFに投資して配当再投資しろ」という答えが、数ある解の中の一つとされていますが、金融リテラシーの低い人にそれを教えても何十年に渡って実践できるわけではなく、大衆にとって机上の空論に他ならないワケです。

ビジネスとは、「問題」という需要があり、それを「解決」するためのサービスで成り立っています。年金が破綻すると言われている中で、多くの人たちが将来に不安を抱えて生きていますが、誰もが投資に興味を持ち、効率良く正しい勉強をし、合理的で冷静な判断ができるわけではありません。新聞の一面に「暴落」「金融危機」との文字が踊ればたちまち冷静さを失って投げ売りしてしまうのが大衆です。

それを冷静に分析・判断し、適切な運用をウェルスナビが代わりにやってくれるなら、バフェット太郎は1%というコストは決して高くないと思います。これはポジショントークとかじゃなくて、本当に思ってます。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします