バフェット太郎(@buffett_taro)です。

バフェット太郎の投資戦略は、コカ・コーラ(KO)やフィリップ・モリス・インターナショナル(PM)など、超大型の連続増配株に投資して配当を再投資するというものです。しかし、長期投資においてこのようなほとんど値上がり益の期待できない株より、成長性の高い銘柄が組み入れられているS&P500ETFに投資した方が値上がり益が期待できることに加えて、配当も高い増配率が期待できそうです。

そのため、個人投資家の中には超大型連続増配株に長期投資するよりもS&P500ETFに長期投資した方がパフォーマンスが良くなるはずと考えている人も少なくありません。

そもそも、バフェット太郎が超大型の連続増配株に投資しているのはジェレミー・シーゲル著『株式投資の未来』による影響が大きいです。本書は、S&P500指数に投資するより、S&Pコア10種(S&P100指数構成銘柄の中から、過去15年間一度も減配せず、とくに配当利回りの高い10銘柄)に投資する戦略の方が、配当再投資を含めたトータルリターンが高かったことを証明しています。

具体的に言えば、1957年から2003年にかけて、S&P500指数のトータルリターンは年平均11.18%だったのに対して、S&Pコア10種のトータルリターンは15.68%でした。

そのため、S&P500ETFに投資するよりS&Pコア10種に投資した方がリターンが高くなることが証明されているので、バフェット太郎はコカ・コーラ(KO)やフィリップ・モリス・インターナショナル(PM)のような超大型連続増配高配当株10銘柄に集中投資しています。

もちろん、過去は未来を保証してくれるものではありませんし、バフェット太郎10種は厳密にS&Pコア10種というわけではないので、将来、S&P500指数にアンダーパフォームしているかもしれません。しかし、それはそれで挑戦する意味はあると思うのです。

バフェット太郎が米国株投資を始めた2015年当時、個人投資家ブログの世界はインデックスブロガーに代表されるような、「現代ポートフォリオ理論に基づいた最適なアセットアロケーションを構築し、ETFやインデックスファンドを利用して幅広い資産クラスに分散投資することが賢明な投資戦略である」との意見が支配的でした。

彼らインデックスブロガーのアセットアロケーションは先進国株(日本株除く)40%、日本株10%、新興国株10%、日本国債20%、外国債10%、REIT5%、コモディティ5%といった具合です。

でも、この考え方はどこかおかしいです。個人投資家は人的資本があり安定した収入が見込めるのだから短期的なボラティリティを無視してドルコスト平均法で積立投資することができるはずです。(実際、インデックスブロガーたちは短期的なボラティリティは無視してドルコスト平均法で積立投資しろと主張し、自ら実践しています)。

そうであるなら、わざわざ日本国債やコモディティに資産を配分するより、米国株に集中投資した方が長期的に見て資産全体のリターンを最大化することができるはずです。

また、米国株に集中投資するならS&P500ETFに投資するよりも超大型連続増配高配当株に集中投資した方が長期的なリターンを最大化することができるかもしれません。

そう考えてた個人投資家は少なくなかったと思いますが、それを証明しようとする人は日本で誰もいなかったので、バフェット太郎が挑戦する価値はあると思うのです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします