バフェット太郎(@buffett_taro)です。

読者のみなさんが投資家のブログやツイッターなどから情報を集めるのは、将来の資産形成に役立てたいと考えているからに他ならないと思います。別の言い方をすれば、「お金持ちになる方法教えてよ」ってことだと思う。

お金持ちになる方法について、バフェット太郎はかねてから三つの方法を組み合わせることでしかお金持ちになり得ないと主張してきました。

一、収入の最大化

二、支出の最小化

三、運用利回りの最大化

だからみなさんがお金持ちになるためにはこの三つの方法を組み合わせるしか他なく、これ以外の方法はあり得ません。仮にお金持ちになるために開運グッズを死ぬほど身に着けて宝くじを買いに行っても、絶対にお金持ちになれないことくらいみんなわかっていると思う。

★★★

さて、みなさんが投資ブログに期待するのは、三の「運用利回りの最大化」についてであり、投資ブロガーも「運用利回りの最大化」というところに焦点を当てて情報発信を続けています。

そこで、読者が注意しなければならないことは、投資リターンの高いブログや高度な専門知識を披露しているブログが、あなたにとって優れた投資情報を発信しているわけではないということです。

「運用利回りの最大化」が目的のはずなのに、「運用利回りの最大化」を達成しているブロガーのブログがあなたにとって優れた投資情報源にならないのはなぜなのでしょうか。

例えば、極めて高いパフォーマンスを上げている投資家の多くは短期売買を繰り返したり、場合によっては信用取引をするなどレバレッジを掛けたリスクの高い取引をしたりしています。一方でパフォーマンスが著しく低い投資家ほど債券など安全資産に投資しています。

つまり、何に投資し、どのような投資スタイルであるかがパフォーマンスに大きな影響を与えているため、あなたが資産形成の参考にすべきブログかどうかは別問題なのです。従って、その情報に高い再現性があるのかないのか、ということが大切なんです。

別の言い方をすれば、どれだけ優れた投資家のブログでも、それに再現性がなければエンターテイメントとして眺めるしかないのです。

そこで何に投資し、どう運用すべきかについてですが、これはブログや書籍を読んだり必死に勉強するまでもありません。数ある最適解の一つとして広く知られた再現性の高い投資スタイルがあるからです。それは、

「S&P500ETFに投資して配当を再投資しろ」です。

これ以上再現性が高く、運用利回りを最大化させる方法はありません。そのため、多くの個人投資家はS&P500ETFに投資した方が合理的です。実際、バフェット太郎も個別銘柄に投資しているものの、保有銘柄はS&P500構成銘柄の中で特に時価総額の高い高配当株ばかりですし、米国の一般的な家庭ではETFやインデックスファンドに長期投資しただけで億万長者になった老夫婦がゴロゴロいます。

つまり、「運用利回りの最大化」を達成するのに、高度な専門知識も特別な才能も必要ないですし、お金持ちになるために年率平均15%を超えるような驚異的なパフォーマンスも必要ないのです。あなたがパッシブ運用をせずアクティブ運用をしているのなら、それは再現性の低い投資スタイルなので将来お金持ちになれるかどうかは正直わかりませんが。

従って、三の「運用利回りの最大化」は「S&P500ETFに投資して配当を再投資しろ」が答えになり得ます。とはいえ、お金持ちになるためには「運用利回りの最大化」の他に「収入の最大化」と「支出の最小化」を同時に進めなければならないことを忘れてはなりません。

米国の億万長者になった老夫婦たちは生まれながらにお金を持っていたわけではないし、働かずに投資だけでお金持ちになったわけでもありません。勤勉に働き収入を最大化させ、倹約に努めて支出を最少化した結果です。

そこで、次回は「収入の最大化」を達成するためにはどうすれば良いかについて書きます。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK