バフェット太郎です。

コングロマリット大手のゼネラル・エレクトリック(GE)が第4四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。

EPSは予想0.29ドルに対して、結果0.27ドルと予想を下回りました。

売上高は予想340億ドルに対して、結果314億ドルと予想を下回りました。

通期のEPS見通しは予想1.00ドルに対して、新ガイダンス1.00ドル~1.07ドルと予想を上回りました。

【ゼネラル・エレクトリック:GE】
1
ゼネラル・エレクトリックの第4四半期決算の調整前純利益はー98億2600万ドル(約1兆円)の赤字でした。これは保険事業の評価見直しにより62億ドルの特別損失が響いたほか、人員削減などのリストラ費用も膨らんだためです。

また、ガスタービンなど火力発電関連の機器販売が低迷しました。加えて、電力部門の受注も前年同期比25%減、成長分野として期待されている再生エネルギーも競争激化で受注が2%減と低迷しました。

ゼネラル・エレクトリックにとって、電力事業が収益の足を引っ張っていることから、火力発電部門でリストラが断行されました。

一方で航空事業とヘルスケア事業は拡大が続き、売上高営業利益率は20%台と引き続き高い収益性が確認されました。

将来、ゼネラル・エレクトリックは航空事業やヘルスケア事業のスピンオフ(分離・独立)を検討していることから、投資家は収益性の高い事業にのみに投資することができるようになります。

とはいえ、スピンオフが決定すればダウから除外されることになるので、NYダウに連動することを目的に運用しているETFやインデックスファンドから大量の売り注文が出ることが予想されます。そのため、投資タイミングは今ではなく、ダウ除外後になります。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK