バフェット太郎です。

クソダサい投資家のクソダサい投資家によるクソダサい投資家のための投資バイブルバカでも稼げる 「米国株」高配当投資』が本日発売しました!!!!!!

煽り気味のタイトルですが、本書の目的は「資本主義の恩恵を享受する方法」について書いてあります。

そもそも日本のような先進的で豊かな資本主義社会では、「お金持ちになる方法」を極めて簡単に実践することができるので、貧乏人が貧乏であることは自己責任に他なりません。

これは資本主義社会ではその恩恵を、性別や学歴、職業、社会階級、人種、宗教、肌の色を問わず、誰もが公平に享受することができるようにデザインされているためで、言い方を変えればこの世はバカでもお金持ちになれるようにデザインされているからなんです。

そのためもし、あなたがお金持ちになるためには学歴が必要で、年収の高い職業に就き、優れた運用手腕で資産運用をする必要があると考えてるなら、ハッキリ言ってそれは間違いです。

お金持ちになるためだけなら学歴も職業も優れた運用手腕も必要なく、学歴がなくても正社員でなくても優れた運用手腕がなくても大丈夫です。

本書では「じゃあどうすればお金持ちになれる(資本主義社会の恩恵を享受することができる)のか?」についての答えを書いていて、その答えがコカ・コーラ(KO)やジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)をはじめとした米国の超大型連続増配高配当株というわけです。

また、本書はバフェット太郎がこれまで培ってきた投資ノウハウを一冊の本にして凝縮して詰め込んでありますから、多くの投資家の支えになるんじゃないかなと思っています。

★★★

あと、本書があなたにとってお金を払ってまで読む価値のある本なのか、ということをバフェット太郎がいくら「あるよ!!」って叫んだところできっと誰も信じてくれないので、以下の書評を参考にしてくれたらなと思います。

たぱぞうの米国株投資
「本書を読んでいたら、面白すぎて目が覚めました。投資本を読んで大笑いするというのは初めてじゃないですかね。ー中略ーこれほど正直で口の悪い投資本は生まれて初めてみましたよ(笑)」 
たぱぞうさんの言う通りで、もうめちゃくちゃ過激な投資本になってしまったんですよ。だからツイッターで「同僚に勧めます」とか「嫁にも読んでもらう」って言ってくれる人、本当にありがたいんですけど、一度読んでから勧めるかどうかを判断した方がいいと思うよ

バフェット太郎を知らない人からすれば、この本を勧めるコイツもヤバくない?ってなると思うから

アメリカ株でアーリーリタイアを目指す
「資本主義社会の恩恵を享受できるでしょうし、バフェット太郎氏のエンターテイメントの世界に触れることができますから」
本書はこれから投資をはじめてみようかな、でも投資って難しそうで面倒クサそうっていう人に向けて簡単でわかりやすく、そして時には過激な表現を用いて、バフェット太郎以外誰も書けない独自の投資本にしているので、「バフェット太郎のエンターテイメントの世界」は言い得て妙です。

米国株を中心にインデックス投資 公務員投資家Rのブログ
マジでガチの書評が来ちゃったコレ。5000字以上の書評とかヤバぎるでしょ。

いきなり「注意点」に
バフェット太郎さんから献本してもらったからと言って、べた褒めするするとかは全くありません。 
めっちゃ脅してくるじゃん。泣きそう 
まずは、結論から言いましょう。

バフェット太郎さんの『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』は、間違いなく買った方が良い投資本です。 
いきなりめっちゃ褒められた。うれしい!!

本書の良いところとして、大きく四点挙げて頂きました。

一、資産運用の基本を踏み外していない点
二、自分の投資手法を押し付けていない点
三、資産運用の王道である株式投資が、何たるかを学べる点
四、米国株高配当投資が市場平均をアウトパフォームする理由を学べる点

Rさんがピックアップしてくれたポイントは、これから投資を始めてみようかなと思っている人にとって特に読んで欲しい点なので、本書を買おうかどうか迷ってる人はとりあえずRさんの書評を読んで欲しい!

ってな感じで

バフェット太郎著『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』をよろしくお願いいたします!!

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします