バフェット太郎です。

拙著『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』がおかげさまで、3刷決定しました!2
発売してからまだ5日しか経っていないのに3刷が決定したのは、ツイッターで拡散してくれたりアマゾンのレビューでアンチの誹謗中傷と戦ってくれたみなさんのおかげです!本当にありがとうございます!

また、たくさんの方から書評も頂いてるので、この場を借りて紹介させてください!(宣伝ばっかで本当に申し訳ない!!)

サラリーマンのための投資術
3
「結論としては極めてオススメの本で「ガツン」と頭を殴られたような衝撃とともに、一般人が資産形成を成功させるための重要な基礎をしっかりインプットしてくれるだけでなく、具体的な手法についても必要な答えがすべて書いてある良い本だと感じました。」
サラリーマン投資家さん、ありがとうございます!

サラリーマン投資家さんの仰る通り、本書は奇をてらわない「投資の王道」と、その具体的な投資法について語っています。そのため、どこぞのカリスマ投資家が書いた「テンバガー(10倍株)の見つけ方」なんていうのは書いていないし、そんな再現性の低い「まぐれ投資法」なんて紹介してないので安心して読んでもらえればと思います。

A-BOUTの初心者資産運用方法
4

一番評価が高いのは文章が固くなくてバフェット太郎さん節が炸裂「この本はぶっちゃけ凄い読みやすいです。しかも本なのに煽りまくりで「www」がついてる本なんて見た事がないので非常に楽しませてくれます。」
A-BOUTさん、ありがとうございます!

世の中にある投資本ってこれから投資を始めてみようかなって考えている人からすると、どれも難しそうで退屈な文章だったりすると思うんですよ。だから本書は読みやすくて感情に訴えかけるような文章になるように工夫しました。

たとえば本書では資本主義社会の攻略法について、「格差是正を求めて労働者の方たちはデモとかするわけですが、バフェット太郎は正直デモをやるくらいなら、働いて稼いだお金で株を買って資本家の側に行けばいいだけなのに、『そんなこともわからないとかウケる可哀想www』って思うわけであります。」っていう感じで書いてるんですけれども、これだったら資本主義社会の攻略法を簡単かつ刺激的に学べるのかなって思いました。

ちなみに本書は全文こんな感じで簡単な言葉で読者を煽りながら、刺激的に投資の王道を学べるようになっているので、「投資本ってなんだか退屈で難しそう」って思ってる人がいたらぜひ読ん欲しいです。

億万長者になりたいの
5

「初心者が知っておくべき基本を捉えているので、投資経験のない人が初めて読んでも、正しい知識をしっかり学ぶことができます。ー(中略)ーそしてそれは同時に、金融リテラシーの低い国で、本書を手に取った人が、億万長者になれる可能性が圧倒的に高くなるということです。」
okuotoko99さん、ありがとうございます!

本書がなぜ「米国株投資」を推奨しているのかと言うと、米国が好きだからとか、米国株を保有して儲かったからという理由ではありません。

日本のような先進的で豊かな資本主義社会では、その恩恵を誰もが享受する方法があり、その方法として最も再現性が高く有望なそれが「米国株投資」なんです。そのため、米国株投資の王道について書かれている本書は、読者が億万長者になれる可能性をずっと高くするものだと確信しています。

こんな感じで書評を頂いておりますので、読んでみようかどうか迷ってる方は参考にしていただければと思います。

★★★

(追伸)
6

あと、おかげさまでアマゾンの初版分の在庫が完売となったことでお届けに「1~2か月以内に発送します」と表示されていますが、昨日増刷分がアマゾンに入荷したので通常通り発送することができます!

グッドラック。

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします