バフェット太郎です。

みなさん、いつも本当にありがとうございます!!

おかげさまで拙著『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』が発売から約1ヶ月で2万5000部突破しました!!ありがとーーーーーー!!!

6刷が決定したのも読者のみなさんがツイッターで「買ったよ!読んだよ!」ってわざわざスクショ付きでツイートしてくれたり、Amazonでレビューを書いてくれたり、ブログで書評書いてくれてるおかげです!!



いくら払えばいいですか!!



え?お金とかそんなのいらない?



みんなめっちゃやさしいいいいいーーーー!!!

じゃあさっそく、いつも通り書評を紹介させてください!!!!

ショーバンの投資日記
かなり煽ったような文言が飛び交う内容の本となってますが、その内容は実に興味深いです。

発売一日前に地元の書店にて購入し、面白くてあっという間に二周目読み終わりました。 自分にとって為になったのは、景気循環別に回復、好況、後退、不況のセクター別で銘柄を決めるところです。
ショーバン小沢さんありがとうございます!

この本は米国株に興味はあるけれど、なんだか難しそうだなって思ってる初心者をターゲットにしているので、できるだけ取っつきやすく楽しみながら読んでもらえるような文章を心掛けました。

また、これから米国株投資を始めようと考えている初心者が実際にポートフォリオを作る場合、何に気をつけて、どんな順序でポートフォリオを作ったらいいのかっていうこともまとめてあるので参考になると思います。

また、すでに個別銘柄に投資している人も、自身の保有銘柄がどのような景気局面でリスクに晒されるかっていうこともまとめてあるので参考になると思います。

例えば、現在は景気回復局面から好況局面への移行期ですから、セクターはハイテク、金融、資本財、一般消費財、素材などが強いです。一方で生活必需品やヘルスケア、公共といったディフェンシブセクターはこうした景気局面では弱い傾向があります。

こば投資
氏のキレのある語り口で好みは分かれるのかもしれませんが、配当再投資を学びたい人はもちろん、実践者においてもバフェット太郎流のマネーマシン作成方法は参考になる点が多く、個人的には良著と思います。
こばいんさん、ありがとうございます!

配当再投資戦略は安定配当株の少ない日本株では難しかったと思うので、株価の値上がり益に期待せず、株数を増やして資産形成するというアプローチの仕方は、初心者にとって新鮮だったと思います。

この本のコラムでも紹介していますが、個人投資家で約10億円もの資産を築いたロナルド・リード氏は配当再投資戦略を実践してお金持ちになっていますから、多くの個人投資家にとっても配当再投資戦略は有効かなと思います。




わたしの年収は53万です
53さん、ありがとうございます!

これまでたくさんお投資ブロガーに書評ブログを書いて頂きましたが、その中で最もバズッたのがこちらの『バカでも稼げる「米国株」高配当投資とお散歩デートしてきました』です。

書評ってこんなにバズるものなの?っていうくらいバズったし、何よりもインパクトがあったし、リツイートして拡散せずにはいられない記事でした。ブロガーは書評や広告記事を書く時の参考になると思うので必読です!

★★★

こんな感じで!まだ本を読んでいない人は立ち読みでもいいので『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』を是非読んでみてください!!よろしくお願いします!!

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします