バフェット太郎です。

これから株式投資を始めてみようと考えている人の中には、「どのような投資スタイルで挑むべきか」について悩んでいる人は少なくないと思います。

かくいうバフェット太郎も、現在の投資スタイルに落ち着くまで10年くらいの時間を要したので、自分にしっくりくる投資スタイルを見つけるためにはそれなりの時間と経験が必要なのかななんて思います。

とはいえ、投資の世界において「時間」は貴重な資産です。「時間」を無駄にするということは「お金」を無駄にすることに他ならないため、できるだけ「時間」は無駄にしたくないものです。

そこで、いくつかの投資スタイルを紹介したいと思います。

【日本株:中小型グロース株】
日本の中小型グロース株投資は、マネー誌で度々紹介されている典型的な億万投資家たちの投資スタイルです。日本株は情報が入手しやすく、中小型株大きな値上がり益も期待できるので、運用手腕に自信のある個人投資家に特に人気があります。

しかし、06年のライブドアショックと08年の金融危機をきっかけに、多くの日本株クラスタが淘汰されたことを考えると、儲かったのは優れた運用手腕ではなく、たまたま強気相場の波に乗っただけとも言えるので、「次の不況で消えるのでは?」なんて心配されています。

地道にコツコツ積立投資なんてしたくないし、ソッコーでお金持ちになりたい投資家にとって魅力的な投資対象であるものの、確実性は低いです。

【世界分散投資】
世界の株式に分散投資するだけでなく、債券やREIT、コモディティなど幅広く分散投資する投資スタイルです。自信のリスク許容度に合わせて、安全資産とされる債券の比率を高めます。

長期的に見れば債券より株式の方がパフォーマンスが高いものの、特定の期間において言えば債券に集中投資した方がパフォーマンスが高いなんてこともありますから、必ずしも債券への投資がダメだというわけではありません。

また、世界の資産市場に分散投資しているため、特定の資産、例えば新興国株が売られている時に、新興国株だけ買い増すことでリバランスするなんてこともできるので、愚直に積立投資できる投資家にとって最適な投資スタイルです。
SPONSORED LINK
【米国株高配当株投資】
バフェット太郎は米国の超大型連続増配高配当株に分散投資していますが、これは日本の高配当株と違い、減配しにくいという特徴があります。実際、米国株には25年以上連続で増配している企業が100社以上あるのに対して、日本株は花王の1社だけです。

また、長期的に見れば株式は債券をアウトパフォームしやすいので、現役世代の投資家にとって株式投資は相性が良いです。とはいえ、インカムゲイン(配当収入)を期待した投資は値上がり益が期待できないので、利回りは低いです。

そのため、投資家は愚直に積立投資し続けなければお金持ちになることはできません。継続すればお金持ちになれるという確実性はあるものの、長い時間が必要であることから、年をとってからお金持ちになっても意味がないと考えている投資家には不向きな投資スタイルです。

★★★

このように、投資スタイルは投資家の考え方や好みによって変えればいいので、一概にこれが正しいという投資法はありません。ある人にとってはバリュー株投資はいいかもしれませんが、ある人にとっては新興国のグロース株投資の方がいいということだってあるわけです。

従って、自分がどのような投資家になりたいのか、どういった目的で投資をするのかといった考えをまとめたうえで投資スタイルを決定した方がいいと思いますよ。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします
SPONSORED LINK