バフェット太郎です。

「投資で成功するには、現金と勇気が必要だ」とは、著名投資家ウォーレン・バフェットの師であるベンジャミン・グレアムの言葉です。

1929年、米食品スーパー大手A&P社(2010年に破綻)の株価は494ドルの高値をつけていました。しかし、世界恐慌が株式市場を襲うとA&P社の株価は暴落し、32年に104ドル、38年には36ドルと、株価は高値の10分の1以下まで値下がりしました。

当時、投資家らは業績が大きく落ち込んでいることや、相場全体が低迷していることを理由にA&P社の株を投げ売りしていましたが、グレアムは業績の落ち込みは不況による一時的なものと考え、「現金と勇気があるなら割安株は積極的に買い増すべき」と主張しました。

39年、A&P社の株価は118ドルと3倍以上値上がりしました。

バフェットも「他人が貪欲になっている時は恐る恐る、周りが怖がっている時は貪欲に」主張し、00年のドットコムバブル崩壊後、バフェットは粘土レンガのアクム・ビルディング・ブランズ社や建築塗料のベンジャミン・ムーア社、01年にカーペットのショール・インダストリーズ社、03年に住宅供給のクレイトン・ホームズ社、そして食品卸売・流通のマクレーン社など、優良企業を次々と買収しました。

このように、バフェットは誰もが悲観的になっている時に積極的に投資をすることで大きなリターンを得てきました。

とはいえ、これは何も「弱気相場まで株を買うな」という意味ではありません。そもそも弱気相場がいつ訪れるのかがわからないことを考えれば、強気相場で株を保有していないこともリスクになるからです。

例えば、バフェット太郎がブログを始めた2016年は、これから弱気相場入りするかもしれないと一部で言われていましたし、事実、ジム・ロジャーズは一年以内のリセッションを、17年にはジョージ・ソロスが米国株の暴落を予想していました。

しかし、ダウ平均は16年の1万6000ドルから18年には2万6600ドルと大きく上昇しました。もし、弱気相場まで投資を控えていたら、それまでの値上がり益と配当収入を見す見す見逃していたことになります。

そのため、強気相場が続く可能性を考えれば株式は常に保有しておいた方が賢明です。

また、個人投資家はファンドマネジャーと違い労働収入による買い増しができるため、それほど現金を持つ必要はありません。

バフェット太郎の場合、給与だけでなくブログや配当など複数の収入源があるので、たとえ現金比率がゼロだとしても、毎月一定額を買い増すことができます。もちろん、ブログの広告収入は景気による影響を多少なりとも受けてしまうわけですが。

いずれにせよ、個人投資家はファンドマネジャーとは違い、新規の投資資金を捻出することが可能なので過度に現金を保有する必要はありません。従って、強気相場ではある程度のポジションを持ちつつ、弱気相場では新規の投資資金を中心に買い向かえばいいだけです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします