バフェット太郎です。

6日のNYダウ株式市場は前日比+346.41ドル(+1.40%)高の2万5146.39ドルと大きく上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は、経済指標を好感して金融株が軒並み買われたためです。

商務省が発表した、4月米貿易収支は赤字額が前月比2.1%の減少と7カ月ぶりの低水準となりました。これを受けて米国の経済成長が加速するとの見方が強まったことで、米10年債利回りが上昇。

金利上昇の恩恵を受けると見られる金融株が買われました。ウェルズ・ファーゴ(WFC)+1.98%高、JPモルガン・チェース(JPM)+2.34%高、バンクオブアメリカ(BAC)+3.16%高でした。

一方で米国金利の上昇は新興国経済に影を落とすため、新興国株投資をはじめる絶好のタイミングが近づいているかもしれません。

【米ドル/ブラジルレアル】
1
チャートはドルレアル相場です。1月の1ドル3.13レアルをボトムに、現在は1ドル3.84レアルと22.7%も上昇(ブラジルレアルは下落)しています。

そもそも投資マネーは金利の低いところから高いところへと流れる傾向にあり、ブラジルの政策金利がズンズンと引き下げられている一方、米国の政策金利は上昇していることで、ブラジルレアル売り、米ドル買いが続いているというわけです。

【ブラジルの政策金利とインフレ率の推移】
2
(出所:大和投資信託

ブラジル中銀は5月の会合で金利の据え置きを決定したものの、依然として金融緩和が必要との姿勢を示していること、そして10月の大統領選挙を控えて国内政治が不透明な状況が続いていることなどを背景に、まだしばらくの間ブラジルレアル売り、米ドル買いは続きます。

そしてブラジルレアル安と米国の金利上昇はブラジルの政府や企業にとって、ドル建て債務を膨張させる原因となるため、短期的に見ればマイナス材料となります。

SPONSORED LINK


【iシェアーズ・ブラジル株式ETF:EWZ】
5
ブラジル株ETFのEWZは1月の高値47.85から34.48とー27.9%と暴落しています。

【アンベブ:ABEV】
4
ブラジルのビール最大手アンベブの株価も3月の7.43ドルをピークに5.07ドルとー31.8%安と暴落しています。

投資家らが債務の膨張による財政赤字と政治不安に苦しむブラジル株から投資資金を引き揚げていることがわかります。

【アンベブのキャッシュフロー推移】
3
とはいえ、アンベブのキャッシュフロー推移を眺めると本業の儲けを表す営業CFは右肩上がりで、キャッシュフローマージン(黄色)も前期37.3%と優秀です。

ブラジルレアル安と米国の金利上昇は確かにブラジル企業や政府にとってマイナス材料ですが、ブラジルレアル安は輸出競争力を高めることになるため、長期的に見れば新興国株の低迷は割安な価格で仕込む絶好の投資機会と言えそうです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK