バフェット太郎です。

人々がお金持ちになりたいのは、それが幸福な人生に近づく最も簡単な方法だからです。とはいえ、お金が増えれば増えるほど幸福度が増すわけではなく、「限界効用逓減の法則」があることを忘れてはいけません。

「限界効用逓減の法則」とは、たとえば、照りつける暑さの中で、からからに乾い喉に流し込む一本のコーラは別格ですが、コーラを二本、三本と飲んでも、最初の一本目に味わった爽快感も満足感もありません。つまり、量を増やせば増やすほど、満足感が逓減することを「限界効用逓減の法則」といいます。

この「限界効用逓減の法則」はお金にも当てはまります。たとえば、年収は増えれば増えるほど幸福度は増すだろうと思いがちですが、ノーベル経済学賞を受賞したアンガス・ディートン教授によれば、米国では年収7万5000ドル、日本では年収800万円を超えると、それ以上年収が増えても幸福度は上昇しないそうです。

ちなみに年収800万円とは一人当たりのことなので、家族の場合は世帯年収1600万円で幸福度は限界を迎えるということになります。

とはいえ、これは年収800万円(世帯年収1600万円)に到達しなければ幸福度を最大化できないというわけではありません。

そもそも年収が上がることで幸福度が増す理由は、年収が上がれば細かいお金のことで思い悩む必要がなくなるからです。たとえば、家賃や食費、水光熱費、衣服費などは年収が低ければ低いほど、日々の生活の中で思い悩んだりするため、幸福度を引き下げてしまいます。

しかし、年収が800万円あれば、普段の生活費で思い悩むことがなくなるので、お金に縛られない自由な人生を送ることができるというわけです。ただし、家賃50万円のところに住んでしまえば、さすがに年収800万円あっても幸福な人生を送れるとは思えないので、過剰な浪費は控えなければなりません。

別の言い方をすれば、普段の生活費を無理なく自然と抑えられる人ほど幸福度を最大化しやすいということです。たとえば、一般的な家計の中で最も大きな割合を占めるのは家賃ですが、年収500万円でも家賃6万円のアパートで満足できるのなら、自然と生活費を抑えることができるので、幸福度を最大化できると言えます。

一方で、家賃20~30万円のマンションでなければ満足できないとか、高級車を乗り回したいと考えるのなら、無理なく生活費を抑えることなど到底できないでしょうから、年収を上げるか、あるいはお金に縛られながら幸福度の低い人生を送らなければなりません。

結局、自分の人生を幸せにする最後の決め手はお金ではなく価値観のようです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします