バフェット太郎です。

著名投資家ウォーレン・バフェット氏の主力銘柄でもある米食品大手のクラフト・ハインツ(KHC)が第2四半期決算を発表しました。内容は良かったです。

EPSは予想0.92ドルに対して、結果1.00ドルと予想を上回りました。

売上高は予想65億9000万ドルに対して、結果66億9000万ドルと予想を上回りました。

営業利益は13億2900万ドルと、前年同期の16億4400万ドルから19.1%減少しました。

営業利益率は19.9%と、前年同期の24.8%から4.9ポイント低下しました。

【地域別売上高シェア】
1

【地域別売上高成長率:対前年同期比】
2
クラフト・ハインツは売上高のおよそ7割を米国で稼いでいます。第2四半期の米国は前年同期比でー1.9%と減収でした。これはベーコンなど一部の商品で値下がりが発生した他、チーズや冷凍食品、ナッツ類の販売数量が伸び悩んだためです。

ただし、一部の商品で値上げを実施したことで、当初予想されていたよりも良い数字となりました。また、7月以降、消費トレンドはさらに改善しているそうです。

カナダの売上高は前年同期比ー4.7%の減少でした。これは前年同期に実施した販促活動の反動が大きくなったためです。

EMEA(欧州・中東及びアフリカ)の売上高は前年同期比+8.7%の増収でした。これは新製品の販促活動を積極に実施したことで販売価格を1.0%低下させた一方、幅広い地域で販売数量が伸びたためです。

【クラフト・ハインツ:KHC】
3
クラフト・ハインツの株価は予想を上回る決算発表と、食品大手のキャンベル・スープ(CPB)の買収を検討しているとの観測が再び浮上したことを好感して、株価は前日比+8.55%高と急騰しています。

とはいえ、クラフト・ハインツの株価は昨年の高値93.15ドルからー30.8%安、キャンベル・スープの株価も昨年の高値61.43ドルからー30.9%安とどちらも低迷し、配当利回りも3%台で推移するなど投資妙味があります。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします

SPONSORED LINK