バフェット太郎です。

個別銘柄に投資すれば、どんな優良株でも10年に一度くらいは30~50%くらいは暴落するものなので、特に悲観的になったりする必要はありません。しかし、クソダサい投資家ほどパニックに陥って狼狽売りするものです。

ちなみに、バフェット太郎は保守的な優良銘柄に幅広く分散投資していますし、どの銘柄も安定したキャッシュフローと配当金が期待できるのでパニックに陥ることはありません。

パニックに陥るクソダサい投資家というのは、分散が不十分であり、自分のリスク許容度を超えた投資をする人たちです。そこで、「個人投資家はどれくらいの銘柄に分散すれば十分と言えるのか?」についてですが、概ね8~16銘柄くらいが最適な銘柄数なんじゃないかなと思います。

【リスクの逓減効果】
1
このグラフは分散投資におけるリスクの逓減効果を表していて、縦軸がリスク(変動率)、横軸が銘柄数を表しています。

たとえば、1銘柄に集中投資した場合、その1銘柄が10%下落したら全体の資産評価額は10%下がります。しかし、2銘柄に均等に分散投資するだけで、どちらか一方が10%下落したとしても全体に及ぼす影響は5%にしかなりません。

そして5銘柄に均等分散投資すれば、いずれかの銘柄が10%下落したとしても全体に及ぼす影響は2%にすぎませんし、仮に半値になるような大暴落があったとしても資産全体に与える影響はー10%でしかないので、分散投資におけるリスク逓減効果がいかに大きいかわかると思います。

とはいえ、分散すればするほどリスクの逓減効果は漸減されます。たとえば30銘柄に分散投資した場合、いずれかの銘柄が10%下落すれば全体に及ぼす影響はー0.33%ですが、50銘柄に分散投資してもー0.20%にすぎないので、リスクの逓減効果はほとんど無いに等しいです。

反対に50銘柄に均等分散投資した場合、いずれかの一銘柄がわずか一ヶ月で二倍に高騰したとしても、資産全体に与える影響は+2%でしかなく、銘柄選択の恩恵をほとんど受けることができません。

そのため、グラフの傾きを見ればわかると思いますが、「もうこれ以上分散投資してもあまり意味がないかな」と感じるのは大体8~16銘柄です。

また、株式投資が大好きで、自信の持てる銘柄だけに集中投資したいと考える大胆な投資家は5~7銘柄に絞ってもいいと思います。事実、ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイのポートフォリオは上位7銘柄だけで全体の77%を占めています。

しかし、キチガイな投資家ほど1~3銘柄に集中投資して、暴落とともにパニックに陥り狼狽売りしたり、目に入るものすべて欲しがる欲豚な投資家ほど、30~50銘柄に分散投資して、気づいたらどの銘柄も資産全体に与える影響がほとんどないなんてことになったりするわけです。

それなら個別銘柄に投資する意味なんてほとんどないですし、手数料や管理する手間などのコストを考えれば、ETFやインデックスファンドで代用した方が多くの投資家にとって賢明です。
SPONSORED LINK
また、企業の業績と株価は景気と金利に大きく左右されるため、特定の景気に強いセクターばかりに投資していると、それ以外の局面で市場平均をアンダーパフォームしやすくなるので適度なセクター分散が必要です。

【景気循環とセクター】
2
たとえば、現在の景気局面は「拡大期(回復)→成熟期(好況)」にあたるので、金融株やハイテク株が強いです。そのため、全体の四割を金融株とハイテク株が占めているS&P500種指数にとって特に追い風が吹いており、波に乗ってるイケてる投資家ほどハイテク株に集中投資しているものです。

ちなみに、バフェット太郎は不況に強いディフェンシブ銘柄中心のポートフォリオであるため、強気相場では市場平均をアンダーパフォームしやすいです。

もし、S&P500種指数のポートフォリオを真似たいなら以下のような比率になります。
3
必ずしもすべてのセクターに投資する必要はないので、「素材株は入れたくないな」ということであれば、別に入れなくていいです。

また、好況に強い銘柄は資本財株や一般消費財・サービス株などですが、好況は短命に終わることに加えてボラティリティ(変動率)が激しいため、好況局面に強い銘柄ばかりに投資していると自身のリスク許容度を超えて狼狽売りに繋がりやすくなります。

どんな銘柄も株価が値上がりしている時ほど輝いて見える一方、値下がりしている時ほど汚く見えるものです。そのため、株価が値下がりしても買い持ちすることができる優良株にだけ厳選して投資した方が賢明です。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK