バフェット太郎です。

好調な企業業績と堅調な経済指標が続く景気拡大期の終盤において、個人投資家らは積極的にリスクを取り、リターンを最大化させようとするものです。

歴史を振り返ると、1969年『ビジネス・ウィーク』誌が「全米No.1のファンドマネジャー」と称してフレッド・カー氏を取り上げました。カー氏は58年に誕生した米名門フィデリティのアグレッシブ・グロース・ファンドのファンドマネジャー、ジェネラルド・サイ氏の成功の後に出てきたグロース株ファンドのファンドマネジャーです。

当時、好景気に沸いた米国経済は「ゴーゴー・ファンド」と呼ばれるブームに沸き、多くのアクティブ・ファンドが短期的な値上がり益を求めて投機に走っていて、67年、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の年間利回り+59%に対して、カー氏のそれは+116%と驚異的な数字を叩き出していました。

この時、バフェット氏に対する風当たりが強くなったものの、バフェット氏は自身の顧客に対して、「一瞬の高い利益を追うなら、フレッド・カー氏のファンドに投資した方がいい」とアドバイスしました。

SPONSORED LINK
【ダウ平均:1967ー1970末】
1
その後、ダウ平均はわずか一年半で直近の高値からー36%暴落すると、フレッド・カー氏の持ち株は大暴落してファンドは廃業に追い込まれました。

このように、リスクを無視してリターンだけを追求すれば破滅するのは必然です。

しかしクソダサい投資家ほどカー氏のように、物事がうまくいっている時(強気相場)ほどリスクを忘れ、リターンの最大化ばかり追求するものです。

事実、多くの個人投資家はどうすれば株で大儲けできるのかといったことばかり考えて、直近5~10年で最もパフォーマンスの良い投資スタイルや銘柄にばかりに投資しがちです。

しかし、「ソッコーで大儲けする投資法」の再現性が低いことを考えれば、誰かの成功の後にコバンザメ投資をしても報われる可能性は低いです。そのため、多くの個人投資家は他人の成功を真似るのではなくて失敗から学ぶべきです。

なぜなら、「他人の失敗」は再現性が高いからです。

クソダサい投資家は決まってタイミングを見計らった売買をしたり、強気相場でリスクを無視して値動きの荒い銘柄に集中投資したり、あるいはろくに調べもせずに誰かの推奨銘柄に投資したりして失敗するものです。

カー氏もリスクを無視したことに加えて、タイミングを見計らった売買をしていたことを考えれば、典型的な失敗例と言えまし、個人投資家は彼から学ぶべきことは多いと思います。

従って、個人投資家は強気相場でこそ「どうしてクソダサいと投資家はと株で失敗するのか」についてもっと考えるべきです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK