バフェット太郎です。

29日、米石油メジャー大手のシェブロン(CVX)が第4四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。

予想EPS0.45ドルに対し、結果-0.31ドル
予想売上高287億2000万ドルに対し、結果292億5000万ドルでした。

第4四半期決算の原油・天然ガスの1バレル当たりの平均販売価格は35ドルでした。これは前年の66ドルを大幅に下回る数字です。原油安の影響から同社は設備投資を90億ドル削減し、今期も削減する予定です。


CVX40y

チャートはCVXの長期チャートです。株価は移動平均線を割り込んでいます。サポートラインは65ドルです。

同社の配当利回りは5.14%と高配当で、28年連続で増配しています。

配当再投資戦略をスタイルとする投資家にとって、CVXのような銘柄は良い投資先です。しかし、ぼくは原油相場が長期的な弱気相場に入ると考えているので、より財務体質の強固なエクソン・モービル(XOM)に投資しています。

スポンサードリンク