バフェット太郎です。

ソフトドリンク大手のコカ・コーラ(KO)が第3四半期決算を発表しました。内容は良かったです。

EPSは予想0.55ドルに対して、結果0.58ドルと予想を上回りました。

売上高は予想81億7000万ドルに対して、結果82億5000万ドルと予想を上回りました。

売上高はボトリング事業の再フランチャイズ化に伴い、前年同期比ー9%の減少でした。コカ・コーラ社はかねてから包装・梱包(瓶詰)、物流など利益率の低いボトリング事業のフランチャイズ化を進めており、利益率の改善を図っています。

販売数量は前年同期比+2%増加しました。特に「コカ・コーラ・ゼロ・シュガー」や「ダイエット・コークス」など炭酸飲料が+2%と好調だったほか、水・スポーツドリンクも+5%と好調でした。

一方でジュース・乳製品および植物性飲料はー3%の減少、紅茶・コーヒーはー2%の減少と落ち込みました。

【種類別販売数量:前年同期比】
4
売上高は前年同期比ー9%の減収だったものの、オーガニックセールス(ボトリング事業の再フランチャイズ化や為替の影響を除いた実質的な売上高)は前年同期比+6%の増収でした。

【地域別売上高(調整前):前年同期比】
1
特に北米事業が好調だった一方、ラテンアメリカとアジア・太平洋の二地域で減収となりました。

【地域別営業利益:前年同期比】
2
営業利益は前年同期比+7%の増益となりました。これは売上高成長率+4%とよりも良い数字ですから、経営が効率化していることを示唆しています。営業利益率は30.6%と、前年同期の24.7%から5.9%ポイント改善しました。

【コカ・コーラ(KO)2013ー2018】
5
過去6年間のチャートを眺めると、強気のトレンドチャネルを形成していることから、レジスタンス(上値抵抗線)である50ドルを目指すことが予想されます。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします