バフェット太郎です。

ドラクエIII』の「ルイーダの酒場」で新しい仲間を加えるとき、その仲間に各種ステータス(ちから、すばやさ、たいりょく、かしこさ、うんのよさ)の上がる「木の実」を五つ食べさせるんだけれど、大抵の場合「ちから」とか「すばやさ」を上げて、「うんのよさ」を上げようとするプレイヤーはいない(と思う)。しかし、投資の世界ではどうやらこの「うんのよさ」を上げなければならないらしい。

ウォールストリート・ジャーナルの『投資パフォーマンス、思った以上に「運」次第』によれば、市場平均をアウトパフォームすることが期待できるいかなる投資戦略も、「運」が悪ければ10年間の長期投資であっても、市場平均をアンダーパフォームする可能性はかなりあるとのこと。

ノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学のユージン・ファーマ教授とダートマス大学のケン・フレンチ教授は、ある投資戦略の向こう120カ月のリターンが、それまでの50年間から無造作に選んだ120カ月間のリターンと同じだと仮定したら、どうなるのかという実験をしました。

結果、調査した投資戦略が10年間にベンチマークを下回る確率はかなりあって、例えばバリュー株投資の場合、低PBR株を選好すると9%の確率で市場平均を10年間下回ることがわかりました。

また、小型株を選好した場合、24%の確率で市場平均を10年間下回り、さらに債券に投資した場合も、16%の確率で株式のパフォーマンスを10年間上回っていることがわかりました。ちなみに、20年間であれば8%の確率まで下がります。つまり、長期であればあるほど過去の実績通りになることが期待できるわけです。

SPONSORED LINK
個人投資家たちの中には市場平均を上回るために、過去、長期的に市場平均を上回ってきた投資戦略に従い、投資している人も少なくないと思います。

かくいうバフェット太郎も、市場平均を上回るために連続増配高配当株に投資し、配当を再投資し続けるという投資戦略を採用しているわけですが、市場平均と比較したおよそ3年間の投資成績は「トータルリターン」でまとめてある通り、市場平均を下回っています。

とはいえ、比較している期間がわずか3年間であること、さらに10年間の比較であっても「運」次第で市場平均を下回る可能性があることを考えると、投資戦略の変更を考えたり、過度に悲観的になる必要がないことがわかります。

また、債券と株式のリターンの比較で見た通り、運用期間が長くなればなるほど過去の実績通りの結果になることから、投資家は自信をもって同じ投資戦略を採用し続けることで市場平均をアウトパフォームすることが期待できます。

★★★

個人投資家の中には、過去、通用した投資戦略が多くの人々に知れ渡ることで通用しなくなると考える人もいますが、人は必ずしも賢明ではないし常に合理的な判断ができるわけではないので、通用しなくなるということはあり得ません。

事実、10月の暴落で多くの投資家たちが狼狽売りしたことを考えると、買い持ち戦略すら続けることができないことがわかります。

また、ひとつの投資戦略が通用するかどうかに最低10年はかかるものの、その10年間であっても「運」次第であることから、投資戦略が通用したかしていないかの結論を急ぐのは時期尚早です。もっと言えば20年であった場合でも「運」の要素を完全に排除することはできません。

もちろん、確率的に考えれば、より良い投資戦略は債券に投資することよりも株式に投資することですし、割高株に投資するよりも割安株に投資することなので、忍耐力と自制心を持ち合わせているのなら、割安株に投資し、配当を再投資し続けることが最適解の一つになり得ます。

しかし、続けられなければそうした賢明な投資戦略も台無しになってしまうので、あなたにとって大切なことは、あなたが永続的に続けられる投資戦略を採用し、「運」を天に任せるか、あるいは「ラックの実」を食べるしかないようです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK