バフェット太郎です。

バフェット太郎の投資戦略は、配当を再投資し続けるだけでなく、積立投資をすることで資産を最大化できます。そのため、バフェット太郎は毎月50万円を新規で入金しているわけですが、だからと言ってこの投資戦略に多額の入金力が必要というわけではありません。

事実、米国の個人投資家ロナルド・リード氏はガソリンスタンドの店員として働くなど薄給だったのにも関わらず、37歳から始めた株式投資で10億円近い資産を築いています。

また、米国の個人投資家アンネ・シャイバー氏は一生涯で2215万ドルもの資産を築くのに成功しています。彼女はニューヨークの税務調査官の中でトップの実績をあげるほど活躍したものの、ユダヤ人女性であることを理由に差別を受けて、一度も出世することなく、いつまで経っても薄給のままでした。

そこで、税務調査官の仕事を通じて、「米国でお金持ちになる方法は”株式投資”である」ということを知っていた彼女は、働いて貯めたお金を運用しようと、金融ブローカーである弟に任せました。結果、全財産を一瞬で失い資産のすべてを失います。

1
アンネ氏は40歳で資産ゼロとなったものの、再び株式投資を始めました。投資先は消費者に馴染みのあるブランドを所有する優良企業ばかりで、たとえばコカ・コーラ(KO)やペプシコ(PEP)、コルゲート・パルモリーヴ(CL)、メルク(MRK)、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(BMY)、エクソン・モービル(XOM)、シェブロン(CVX)などです。

これらの銘柄選択は大きな値上がり益は期待できないものの、安定したキャッシュフローを背景に持続的な配当が期待できる銘柄ばかりです。そして、この銘柄選択はリード氏も同じで、リード氏も同じように、安定したキャッシュフローと持続的な配当が期待できる銘柄ばかりに投資していました。

彼らはそうした銘柄を選好し、薄給の中でも積立投資と配当の再投資を続けていたわけです。

また、彼らは投資を始めるタイミングこそ遅かったものの、長期で続けられたことが資産の最大化に繋がりました。加えて、リード氏の愛読書がウォール・ストリート・ジャーナルだったことから、株式投資を長く続けるためには投資そのものを楽しむことが大切なのかもしれません。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK