バフェット太郎です。

強気相場において最強の資産は「株式」であり、最弱の資産は「現金」です。これは、景気拡大期において株高が資産拡大の加速装置になる一方、現金はいくら持っていてもそれ以上増えることがないからです。

しかし、弱気相場になるとその関係がたちまち逆転してしまいます。つまり、弱気相場において最強の資産が「現金」であり、最弱の資産が「株式」になるのです。これは、弱気相場になると株価が下落して資産を目減りさせる一方、現金は割安になった株式を買い増すことができるからです。

「何を当たり前のこと言ってんだ」って思うかもしれないけれど、中途半端な覚悟で株式にフルインベストインベストメント(全力買い)してしまったクソダサい投資家ほど、将来の暴落でパニックに陥って狼狽売りに走るものです。

そもそも、投資のプロといわれるファンドマネジャーたちは、ほとんどすべての運用資金で株式を買い、常にフルインベストメント状態で運用しています。これは、現金が利益を生みださないことから、仮に強気相場で現金を多く保有してしまえば、ファンドのパフォーマンスやベンチマークやライバルファンドに後れを取ってしまうからです。そのため、彼らにとってフルインベストメント以外の選択肢はもともとないわけです。
1
一方で、著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRK.B)は、株式市場に過熱感が見られると現金比率を10~20%程度まで引き上げ、弱気相場になると割安に放置されている株をここぞとばかりに買い集めます。こうすることで、相場の回復とともにリターンを最大化させているのです。

このように、不況や弱気相場では最弱の資産である「現金」が将来のリターンを最大化させる最強の資産になり得ます。従って、個人投資家は強気相場が最終局面を迎えつつある中、現金を一定比率保有しておいた方が賢明です。

現金比率の目安としては、金融資産(生活防衛資金を除く)全体の10~20%くらいがいいと思います。これは、現金比率が30~40%以上と多すぎれば、強気相場の恩恵を十分享受することができず機会損失してしまう一方、反対に0~5%程度だと株価が暴落しても十分に買い増すことができないだけでなく、資産評価額が大きく目減りしていることに動揺して狼狽売りしかねないからです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK