バフェット太郎です。

米国経済が失速しつつある中、個人投資家の中にはリセッション(景気後退)を意識して強気相場から降りてしまった投資家も少なくありません。

しかし、経済指標を眺めると依然として米国経済が景気拡大期にあり、ただちにリセッション入りする兆候が見られないことから、強気相場から降りるという選択肢は必ずしも賢明とは言えません。

【S&P500種指数:2009ー2019】
1
2009年以降の強気相場を振り返ると、2011年と2016年、そして2018年にそれぞれ200週移動平均線に達する調整局面がありました。

2011年は「米国債ショック」、2016年は「FRB(米連邦準備制度理事会)による利上げ」がきっかけでした。そして、2019年はこれまで市場の牽引役となってきたFAAMG銘柄の業績が失速したことに加えて、FOMC(連邦公開市場委員会)でFRBが「19年は年二回の利上げ」と、市場が予想する「0回」を上回ったことが嫌気されました。

こうした中で、個人投資家たちは「強気相場の終わりの始まり」を意識して保有株の売却に走ったわけですが、引き続き強気相場が続いていることを考えると、どうやらその投資判断は間違いだったということがわかります。

強気相場を途中で降りるということは、実損こそ免れるものの、本来投資を続けていれば得られたであろう利益をみすみす取り逃すことを意味するため、機会損失をしたことになります。

そのため、仮に2016年の調整局面で強気相場から降りてしまった投資家たちは、その後の強気相場の恩恵を一切受けることができなかったので、およそ40~50%もの値上がり益と、三年間に渡って得られたであろう配当を逃したことになります。もちろん、買い戻していれば値上がり益を多少なりとも得られたかもしれませんが、そういう投資家は少ないです。

株を買ったり売ったりするという投資スタイルは、一見すると「柔軟に対応している」ように見えますが、言い方を変えれば「相場に振り回されているだけ」と言えます。一方で株を買ったら買い持ちするだけのバイ&ホールドは、「思考が停止している」ように見えますが、言い方を変えれば「相場に惑わされない」とも言えます。

どんな投資スタイルであれ、常に最高のパフォーマンスが期待できる魔法の投資スタイルというものはありません。そのため、相場の変化を予想して、投資スタイルをコロコロ変えることが賢明のように思えますが、強気相場を途中で降りてしまった投資家がたくさんいるように、タイミングを上手く捉えたり、相場を正確に読むことのできる投資家はほとんどいないことを考えれば机上の空論だということがわかります。これはつまり、投資家は暴落を回避することができないことを意味します。(暴落を回避する唯一の手立ては投資家でなくなることです。)

従って、個人投資家は「シンプルでリスクの低いポートフォリオをデザインし、暴落に慣れ、一貫した投資スタイルを継続する」方が相場を読んだり柔軟な投資をするよりずっと賢明だと言えます。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK