バフェット太郎です。

大衆が株式投資を始めない理由として、主に「損をしてしまうかもしれない」という不安が挙げられるわけですが、中にはそもそも興味・関心・必要性を感じていないことを理由に挙げる人もいます。

しかし、人生100年時代と言われる中、資産運用はこれから多くの人にとって、自分の人生を守る上で必要な手段になるので、資産運用をしないことで一生を後悔することになるかもしれません。

事実、先日経団連の中西会長がインタビューで「正直言って経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです」と話したことが話題になったように、将来は解雇規制の緩和が予想れていて、会社が一生面倒を見てくれるという時代が終わりを迎えつつあることから、自分の人生は自分で守っていかなければならないのです。

これは一見すると当たり前のことなのですが、これまで終身雇用や退職金、年金、医療、介護などの社会保障費に守られていたことから、それほど老後の心配をする必要はありませんでした。しかし、こうした前提条件が崩れるということは、一人ひとりの負担が大きくなり、お金がなければまともな医療も介護も受けられない未来がやってくることを意味します。

そのため、これまでのように休日はダラダラと遊び、何のスキルも身に付けないまま会社に依存するような生き方をすれば、貧しい未来が待っているだけです。

では、どうすれば良いのかと言えば、これからの時代は休日は自分のスキルを磨くために勉強したり、専門的なスキルを活かして会社とは別に仕事をしてお金を稼いだり、そして余ったお金は浪費するのではなく、将来の年金や医療、介護費の不足分に充てられるように、資産運用を通じて増やしていかなければなりません。
1

とはいえ、冒頭で述べたように、大衆は損をしてしまうことへの不安でなかなか投資を始めることができませんし、日々の生活が忙しくて投資・経済について勉強する時間も副業をする時間もない人が大勢います。そのため、やるべきことをやる人と、やるべきとわかっていてもやれない人とでは、格差がますます拡大することが予想されます。

たとえば、とある真面目なサラリーマンが毎月5万円の積立貯金をコツコツと40年間続けても2400万円にしかなりませんが、とある不真面目なサラリーマンが会社に内緒でこっそり副業して貯めた300万円を、年平均7%で40年間運用すれば4500万円にもなります。

真面目なサラリーマンを含める大衆は、こうして格差が拡大していくのを、ただ「一握りの運が良い人だけができること」と考え、指を咥えて眺めているだけです。

あなたがどのような人生を歩むかはあなたの自由です。大衆は、「人生を楽しむのは若いうちしかできない」と考えて遊ぶ方を選びますが、猛烈に働けるのも、そして格差拡大に備えるのも若いうちしかできないことを考えると、遊んで過ごすことの代償は残酷なほど大きそうです。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK