バフェット太郎です。

9日、米飲料大手コカ・コーラ(KO)が第4四半期決算を発表しました。内容は良かったです。

EPSは予想0.37ドルに対し、結果0.38ドル(特定項目除く)
売上高は予想99億1000万ドルに対し、結果100億ドル

EPS、売上高ともに予想を上回りました。これはドル高による為替の影響で海外事業が振るわなかったものの、販売量の増加と値上げが功を奏しました。販売数量は世界全体で3%増で、炭酸離れが指摘されている北米でも3%増となりました。世界全体で非炭酸飲料が6%増、炭酸飲料が2%増でした。炭酸飲料ではダイエット・コークは5%減となるものの、コカ・コーラゼロは7%増でした。通期では北米事業が三年ぶりの好業績を記録しました。

チャートはKOの長期チャートです。
KO
45ドルのレジスタンス(上値抵抗線)をブレイクアウトすれば、新波動を形成します。ぼくは2016年からバリュー株投資の時代が到来したと考えているのでKOのような典型的なバリュー株はこれからどんどん買われて「FANG」のようなブームになると思います。