バフェット太郎です。

投資の世界では、どんな景気局面でも最高のパフォーマンスが期待できる「魔法の投資法」というものは存在しません。

そのため、景気サイクルに合わせて、その時々の「旬」になっているものに投資すれば、いつでも最高のパフォーマンスが期待できます。しかし、多くの投資家がそれをやらないのは、誰もタイミングを正確に計ることができないからです。

つまり、一握りの運の良い投資家や天才相場師を除けば、多くの個人投資家にとって賢明な投資法は、一貫した投資スタイルを継続することです。

とはいえ、なかなかどうしてそれができないものです。なぜなら、多くの個人投資家は他人のパフォーマンスばかり気になってしまい、他人の投資パフォーマンスと比べて自分のパフォーマンスが劣っていると、たちまち自信を失ってしまうからです。

結果、誰もが称賛する将来有望のイケてる銘柄に投資して、痛い目に遭うわけです。

たとえば、優れた投資パフォーマンスを上げる典型的な「となりの個人投資家」というのは、債券よりも株式に投資していますし、大型株よりも中小型株、バリュー株よりもグロース株に投資しているものです。また、保有銘柄が幅広く分散されているということはなく、極端に集中しており、一~二銘柄だけでポートフォリオの半分以上を占めている傾向があります。

つまり、「中小型グロース株に集中投資する」という投資スタイルであるわけですが、これは大きなリターンが期待できる一方、リスクも大きいため、予想外の暴落に狼狽して投げ売りするのがオチです。
1

そして、そうした投資スタイルをする個人投資家が多ければ多いほど、”確率的”に成功する投資家が誕生する一方、やはり”確率的”に失敗して淘汰される投資家がいます。事実、アマゾン株に集中投資していた個人投資ブロガーが、昨秋の大暴落で狼狽売りしてしまいブログとともに忽然と姿を消しました。(その後、アマゾン株は大きく値を戻しただけでなく、バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが投資したことで、さらなる値上がりが期待されています。)

とはいえ、個人投資家の目に見えるのは、いつだって”確率的”にたまたまうまくいっただけの、運の良い投資家だけです。そして、人はうまくいっている時ほど、「運の要素」を過小評価し、自分の投資手腕を過大評価する傾向にあるため、たまたまうまくいっているだけの投資家の「中小型グロース株集中投資」は、なんだか知らないけれど常に市場平均をアウトパフォームできる「魔法の投資法」のように見えてしまうのです。

しかし、冒頭に述べたように、また、アマゾン株を狼狽売りしてしまった投資家がいるように、タイミングを正確に計り続けることができないことを考えると、あなたが”たまたま”うまくいく投資家の側になれるのは、確率的に難しいです。

そのため、個人投資家は短期的なパフォーマンスは無視して、自分に合った投資スタイルを見つけて一貫して続けた方が賢明と言えます。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK