バフェット太郎です。

1996年、ジェームズ・P・オショーネシー氏はウォール街で用いられる様々な投資戦略のバックテストを行い、長期的な視点から検証した総合的な株式投資ガイドブック、『ウォール街で勝つ法則 - 株式投資で最高の収益を上げるために』という一冊の名著を出版しました。

オショーネシー氏は本書の中で「一年間のリターンが最も高く、5年連続で利益が前年を上回っており、株価が一株当たりの売上高の1.5倍未満の50銘柄をまとめて買い、長期で保有するだけで市場平均をアウトパフォームできる」と主張し、それを証明するために自らファンドを立ち上げ、一般の投資家からおよそ2億ドルもの資金を集めて運用を開始しました。

しかし、97年以降、オショーネシー氏の投資法は全く通用しなかったのです。主な要因はオショーネシー氏がほとんどハイテク株に投資していなかったことが理由です。当時、米国株式市場はドットコムバブルに沸き、ポートフォリオにハイテク株をより多く組み入れているかどうかでパフォーマンスが決まったのです。

結果、オショーネシー氏はパフォーマンスの低迷を理由に早々に見切りをつけて、他の運用会社にファンドを引き渡したのです。

ところが、皮肉なことにファンドを手放した直後にドットコムバブルが崩壊し、オショーネシー氏のパフォーマンスが劇的に改善し、00年に市場平均をアウトパフォームしたのです。

当然、ファンドの保有者たちは「お前の言う『長期』とはたった三年のことを指すのか?」と怒り狂ったわけですが、たった三年とは言え実際の三年間はずっと長く感じるものです。それに、自身のファンドの低迷が三年で終わることや00年にドットコムバブルが崩壊することを予め知っているのなら、誰でも株を保有し続けることができますが、実際は直近数年間のパフォーマンスが永遠に続くかのような錯覚を覚えるので、「投資スタイルに変えた方が賢明」と考えるのは至極当然と言えます。

このように、投資家は直近のパフォーマンスが永遠に続くと錯覚しやすいこと、そして短期的なパフォーマンスを追い求めることは一貫した投資スタイルを実行する妨げになることを考えると、投資家は「シンプルでわかりやすい意思決定プロセスと、明文化した投資方針を一貫して必ず実行しなければならない」ということがわかると思います。

かくいうバフェット太郎も目先の投資成績に狼狽することなく、「バフェット太郎10種」に分散投資し、愚直に配当を再投資し続けています。また、配当再投資の対象となる銘柄は「構成比率最低銘柄」としており、投資ルールをシンプルでわかりやすく定めています。

しかし、クソダサい投資家ほどソッコーでお金持ちになりたいと願うため、値上がり益が期待できる将来有望のイケてる銘柄にばかりに集中投資したり、投資判断も一貫性がないため、強気相場が続く間は良いのですが、突然の弱気相場で狼狽し絶望に陥る羽目になりかねないので注意してください。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK