バフェット太郎です。

米国株式市場が強気相場の最終局面にある今、クソダサい投資家ほどリスクを無視した向こう見ずな投資をしてリターンを最大化させようとします。しかし、そうした投資が悲惨な結末を迎えるのは必然です。

今から50年前の1969年、『ビジネス・ウィーク』誌が「全米No.1のファンドマネジャー」と称してフレッド・カー氏を取り上げました。カー氏は1958年に誕生した米名門フィデリティのアグレッシブ・グロース株ファンドのファンドマネジャー、ジェネラルド・サイ氏の成功の後に出てきたグロース株ファンドのファンドマネジャーです。

当時、好景気に沸いた米国経済は「ゴーゴー・ファンド」と呼ばれるアクティブファンド・ブームに沸き、多くのアクティブファンドが短期的な値上がり益を求めて投機に走っており、67年のカー氏の運用成績は年間+116%と、バフェット氏の+59%を大幅に上回りました。

この時、バフェット氏に対する風当たりが強くなったものの、バフェット氏は自身の顧客に対して、「一瞬の高い利益を追うならフレッド・カー氏のファンドに投資した方が良い」とアドバイスしました。

その後、ダウ平均はわずか一年半で直近の高値から-36%も暴落すると、カー氏の持ち株は大暴落してファンドは廃業に追い込まれました。

このように、リスクを無視してリターンだけを追求すれば、いずれ破滅するのは必然です。

しかし、多くの投資家はカー氏のように、物事がうまくいっている時ほどリスクを忘れ、リターンの最大化ばかり追求するものです。

1
たとえば、クソダサい投資家ほど一握りのハイテク株に集中投資をして悦に入るものです。彼らは「ハイテク市場が成長するのは確実だから、ハイテク株への投資が報われるのも必然だ」と考えているのです。

しかし、楽観的な見通しの中での投資は、往々にして悲惨な結末を迎えるものです。事実、過去を振り返ると、半導体セクター(2018)、バイオセクター(2015)、エネルギーセクター(2014)、金融セクター(2007)、新興国株(2006)、ハイテクセクター(2000)と、当時これらのセクターに集中投資していた投資家たちは、直後に大きく資産を目減りさせています。

それにも関わらず、「今回だけは違う」と考えるのは、自身に都合の良いポジショントークでしかありません。FAAMGなどのハイテク株はこれまで競争優位性を脅かされることなく急成長することに成功しましたが、次の時代は巨大化したもの同士がクラウド、ウェブメディア、動画などの成長市場で激しい覇権争いが繰り広げられ、互いの利益率が低下することが予想されます。

すると、市場規模と売上高が成長しているのにも関わらず、利益が伸びていないなんてことにもなりかねず、失望感から株価は急落しかねません。

そのため、投資家は誰もが楽観的になっている時こそ慎重になり、自身のリスク許容度の範囲内で適切に分散されたポートフォリオをデザインして、堅実に運用した方が賢明です。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK