バフェット太郎です。

多くの日本人は「貯蓄は美徳」と考えているため、金融資産を占める割合において「預貯金」が最も大きいです。事実、金融広報中央委員会が公表した「家計の金融行動に関する世論調査『二人以上世帯調査』(2018年)」によれば、金融資産の内訳は預貯金が43.9%で、生命保険や損害保険、個人年金、財形貯蓄など、貯蓄性の高い金融商品も含めると全体の80%を占めています。

しかし、この低金利の時代に預金をしてもお金が増えることはないので、必ずしも賢明な運用方法とは言えません。

そもそもなぜ、日本人が投資をせずに貯蓄ばかりしているのかと言うと、戦後教育の名残に他なりません。かつて日本政府は戦後復興のための資金確保のために、「救国貯蓄運動」を展開し、国民に「貯蓄は美徳」という思想を植え付けたのです。

その後、「貯蓄は美徳」という思想は人から人へ、親から子へ、文化の中で伝達され、今に至るというわけです。

そのため、実際のところ貯蓄は美徳でもなんでもないですし、堅実な運用方法でもありません。90年代以降、日本がたまたまデフレに陥り、円預金に有利な時代が続いただけで、今後インフレが加速すれば円の価値は時間の経過とともに減価していくだけです。そのため、保有する資産は円に集中させるのではなく、分散投資した方が賢明と言えます。

1
たとえば、預貯金と貯蓄性の高い金融商品が80%を占める一般的なアセットアロケーション(資産配分)は”円”の行方、すなわち日本経済の行方に大きく左右されるため、リスクが比較的高いと言えます。

しかし、世界中の株式や債券などに幅広く分散されたアセットアロケーションなら、世界経済の成長を取り込めるだけでなく、分散効果も期待できます。

具体的に言えば、世界の株式に幅広く分散投資した場合の年平均利回りは4~5%程度が期待できますから、仮に毎月5万円を積立投資し、年平均4%で運用したとすれば、40年後におよそ6000万円もの資産を築くことができます。一方で、毎月5万円の積立貯金をした場合、40年後の資産は2400万円にしかならず、積立投資した場合の半分にも満たない額の資産しか築けません。

また、預貯金を株式などの金融資本に回すのではなく、人的資本に分散投資するというやり方もあります。

たとえば、人々は社会に揉まれながら必死になって働いてお金を稼いでいるわけですが、これは人的資本を労働市場で運用していることを意味します。人的資本の大きさは人によって違い、お金をたくさん稼げる人ほど人的資本が大きいです。言い方を変えれば、お金をたくさん稼ぎたければ人的資本を最大化しなければならないということです。

人的資本を最大化するためには、たとえば高収入の仕事に就く必要があります。また、そうした仕事を求めた場合、資格や英会話などのスキルが必要になります。そのため、勉強の時間を確保するために会社から近い場所に住まなければならないなど生活費にお金をかけなければなりません。つまり、時間に投資するということです。

もちろん、金融資本にしろ人的資本にしろ投資したからと言って必ずしもうまくいくものではありません。とはいえ、いずれも全損するといった危ない投資ではなく、時間をかけさえすれば報われやすいので、貯金ばかりするのではなく、金融資本や人的資本に投資するなどして将来の資産の最大化を目指した方が賢明です。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK