1
バフェット太郎です。

投資の世界には完璧な法則は存在しないので、「最強の投資法を会得した」と考えるのは大きな間違いです。大抵の場合、そうした思い込みの後に起こる新たな事象が、その「最強の投資法」を台無しにするものです。

たとえば、著名投資家ウォーレン・バフェットの師であるベンジャミン・グレアムは最初に立ち上げた投資パートナーシップ、グレアム・コーポレーションで、裁定取引を駆使した投資法、つまり、割安な銘柄を買うと同時に、割高な銘柄を売るという技法で大きなリターンを獲得しました。

当時、グレアムのファンドの資産額45万ドルだったものの、運用開始からわずか三年で250万ドルと5倍以上に膨れ上がり、その成功はウォール街中に伝わりました。

しかし、1929年になると世界恐慌がウォール街を襲い、米国株式市場が大暴落すると、グレアムの投資成績はダウ平均を下回りました。

グレアムは割安な銘柄に投資をする際、「安全域のある銘柄」、つまり、本質的価値を大幅に下回っている銘柄に投資することで、ポートフォリオの耐性を強くしていたはずでしたが、どれだけ安全域があろうとも、恐慌の中ではほとんど意味がなかったのです。

また、グレアムは1930年に米国株式市場は最悪期を脱したと考え、全資産を投じて割安な銘柄の信用買いに挑みました。結果、株式市場は大暴落し、割安な銘柄がさらに割安になってしまったことで、グレアムは資産の70%を失ってしまいました。

このように、グレアム流のバリュー投資は、恐慌の中ではほとんど通用しないほか、割安な銘柄はさらに割安になるなど、短期的な株価の変動を回避することはできないのです。

そして、グレアムは晩年のインタビューで「効率的市場仮説」の支持者となります。「効率的市場仮説」とは、「株価はあらゆる情報を瞬時に織り込むので、誰も市場を出し抜くことはできない」という考え方です。

つまり、株式投資においてバリューは重要な要素であるものの、決して完璧な投資法とは言えず、暴落は回避できないということです。

グレアムが素晴らしいパフォーマンスを実現した一方で、完璧な投資法を見つけられなかったほか、暴落は回避できなかったことから、我々個人投資家もグレアム同様に、一時的に素晴らしいパフォーマンスを実現することができる可能性があるものの、それは決して完璧な投資法とは言えず、暴落を回避することなどできないと考えるのが自然です。

従って、我々は株式市場の短期的な変動で痛い目に遭いながらも、愚直に投資を続ける忍耐強さが必要です。

グッドラック。




にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK