バフェット太郎です。

バリュー株投資にはPBR(株価純資産倍率)でアプローチする方法があります。これはウォーレン・バフェット氏が大きく影響を受けた、師匠であるベンジャミン・グレアム氏の『証券分析 』から広く知られるようになりました。そのためPBRを尺度として銘柄を選ぶやり方を「グレアム流バリュー株投資」と言ったりします。

グレアム流バリュー株投資とは企業のBPS(一株当たりの純資産)に対して割安な銘柄を選ぶことを指します。例えば企業の総資産から負債を差し引いた純資産が100億円だとした場合、時価総額(会社の値段)が100億円ならPBRは1倍です。また、純資産が100億円にもかかわらず時価総額が50億円しかないのなら、PBRは0.5倍で割安だと言えるわけです。この場合、純資産が何なのかも大切になるわけですが、例えば純資産100億円のうち、半分に当たる60億円分を現金や短期国債などで保有していたとすると、PBR0.5倍(時価総額50億円)でその会社を買った場合、直後に10億円のキャッシュを手に入れることを意味します。

実際それをやろうと思っても簡単にできるわけではありませんが、イメージとしたらそういうことが株式投資ではできます。四季報を眺めれば時価総額よりも純資産の方が圧倒的に大きい企業はゴロゴロあるんです。

問題はそうした割安株は万年割安株である場合が多いことです。また、PBRの低いバリュー株とは総じてROEも低いです。つまり自己資本に対してキャッシュを生み出す能力が圧倒的に欠けているのです。別の言い方をすればPBRの高い企業ほどキャッシュを生み出す能力が高いと言えます。

例えばコカ・コーラ(KO)のPBRは6倍でIBMのPBRは10倍を超えています。しかし、これらも立派なバリュー銘柄です。

グレアム流バリュー株投資しか知らない人はPBRの低い銘柄をバリュー(割安)株でPBRの高い株はバリュー(割安)ではないなんて平気な顔して言いますが、ハッキリ言ってこういう投資家は投資の世界で情報弱者です。

そういう情弱な投資家は、そのバリュー株投資は「誰流」なのかということを知っておいた方が良いです。有名どころを挙げれば次のような流派があります。

PBRやバランスシートからアプローチする「グレアム流バリュー株投資」
企業のクオリティから経営陣の質まで総合的に判断する「バフェット流バリュー株投資」
安定したキャッシュフローが見込め高配当優良株に投資する「シーゲル流バリュー株投資」などです。

どれが最も優れた投資法か?という話ではなくて、一言でバリュー株投資と言ってもそれぞれ異なった考え方、あるいはアプローチの仕方があるということを覚えておいてください。グレアム流バリュー株投資の場合、バランスシートから見た場合の割安感はありますが、キャッシュを生み出す能力が圧倒的に欠けていることに変わりはないので、そういうバリュー銘柄を永久保有してもリターンは低いだけです。別の言い方をすればグレアム流バリュー株投資はPBRが改善したら売らなければならないということです。

一方でバフェット流やシーゲル流のバリュー銘柄は総じてPBRが高いです。しかしキャッシュを生み出す能力も圧倒的に高いので長期保有することで投資家は報われやすいです。

どの流派にも共通して言えることはそれなりの時間が必要だということですが、もしバランスシートからアプローチしたグレアム流バリュー銘柄を永久保有しようとしているのなら考え直した方が良いと思いますよ。

ちなみに、この『証券分析 』ですが、大きくて分厚くて、高いですから持っている投資家は少ないと思います。ほとんどの書店で取り扱いされていませんが、大型書店にはあると思うので、もし機会があれば立ち読みするといいと思います。

スポンサードリンク