バフェット太郎です。

バフェット太郎は毎月せっせと株の買い増しに精を出しているのですが、そのルールは単純明快です。毎月ポートフォリオの構成比率下位銘柄を買い増すだけです。楽天証券にログインして、「保有商品一覧」から構成比が最も少ない銘柄を選んで買い増すだけなので、何も考える必要がありません。というか何も考えていません。

では、買うタイミングはどうしているのかというと、何とか二銘柄買えそうだと思う月は、15日と30日を目安にして買い増します。一銘柄しか買えなさそうだと判断したら、テキトーなタイミングで買い増します。いや、できたら買いたくないと思ってる日に買いたいです。

買いたくない日っていうのは、これから(まだ)下がるんじゃね?て思ってる日です。例えば今夜。

今週の金曜日には雇用統計が控えてるし、原油もエネルギー株もデッドクロスを形成してるし、ダウもレジスタンスに抑えられて下がりそうだしってときに買いたい。

なぜそんな日にわざわざ買うのか。

配当再投資による長期投資スタイルに、ベストな投資タイミングを計る必要はないと信じてるから!
1
プロクター&ギャンブル(PG)を82.45ドルで33株買い増しました。

買い付け金額は手数料(25ドル)が1%未満になるように2500ドル以上で注文を出しています。本当は0.5%未満となる5000ドル以上が望ましいですが、今の資産規模を考えるとポートフォリオのバランスがおかしくなるので2500~3000ドルにしています。資産が50万ドルを超えたら一回の買い付け金額を5000ドルにしたい。
2
PGの日足チャートです。高値圏で推移していることからバフェット太郎がタイミングを計っていないということがわかると思います。

スポンサードリンク