バフェット太郎です。

12日のNYダウ株式市場は、前日比+164.84ドル(+0.94%)高の1万7721.25ドルと上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は、原油高によるものです。

ロシアとサウジアラビアが原油増産を凍結したとインタファクス通信が伝えると、原油価格は一時42ドルを超えて急騰。エネルギー株のエクソン・モービル(XOM)が+1.24%高、シェブロン(CVX)+2.38%高、コノコフィリップス(COP)+5.54%高と相場全体を押し上げました。
1
原油の日足チャートはMACDで買いシグナルを出し、200日移動平均線も上回りました。
2
ただし、週足チャートは50日移動平均線を試す展開を控えてるので、これをブレイクアウトできるかが注目されています。

OPECの加盟国、非加盟国の会合は17日です。

SPONSORED LINK