バフェット太郎です。

13日のNYダウ株式市場は、前日比+187.03ドル(+1.06%)高の1万7908.28ドルと続伸して取引を終えました。上昇した主な要因は、米金融大手JPモルガン・チェース(JPM)の決算が市場予想を上回ったことを好感し、金融株が買われたためです。

JPモルガン・チェース(JPM)+4.23%高、ゴールドマン・サックス(GS)+3.59%高、シティ・グループ(C)+5.61%高、バンク・オブ・アメリカ(BAC)+3.92%高、USバンコープ(USB)+2.09%高、ウェルズ・ファーゴ(WFC)+2.64%高でした。
1
チャートは金融セレクト・セクターSPDRファンド(XLF)の日足チャートです。今夜発表が予定されているBACとWFCの第1四半期決算で23ptのレジスタンスをブレイクアウトできるかが注目されます。