バフェット太郎です。

2014年6月、ロナルドリードという名の92歳のおじいちゃんが9億7000万円相当もの遺産を残したことが全米を驚かせました。ただのお金持ちが亡くなっただけなら誰も驚きませんが、そのおじいちゃんは第二次世界大戦から帰国後、ガソリンスタンドで25年間働き、その後は百貨店のJCペニーで用務員として働く典型的な労働者階級だったのです。

労働者階級で貧しいはずのおじいちゃんが、どうして9億7000万円もの資産を持っていたのか。彼はどのようにしてお金持ちになったのか、そのノウハウに全米が関心を示しました。

★★★

1959年、米バーモント州に住む、当時37歳だったロナルドリード氏は初めて株を買いました。最初に買った株はPG&Eコーポレーション(PCG)というサンフランシスコに本社を置く電力・ガス会社の株で、39株(2380ドル分)買いました。これは現在の価値で1万0735ドル相当です。彼は比較的少ない給与の中から1万ドル用意し、さらに毎月投資用資金を捻出し、株を買い続けました。

彼が買った銘柄の一部は以下の通りです。
1
保有銘柄数は全部で95銘柄で、破綻したリーマンブラザーズの株も保有していたそうです。また、ハイテク株やモメンタム株などには一切投資してませんでした。

下のグラフはロナルドリード氏のポートフォリオに占めるトップ10の銘柄です。
2
これらの銘柄や、投資履歴を調べると、彼がどのような投資戦略で投資していたかがわかります。

彼の投資戦略は、配当を出す優良企業に投資し、配当を再投資し、買った株は決して売らないというものでした。保有銘柄にリーマンブラザーズの株があったのは、おそらくアメリカンエキスプレス(AXP)がスピンオフ(分離独立)したリーマンブラザーズを、そのまま売らずに保有していたからだと思われます。また、ウェルズファーゴ(WFC)の時価評価額が突出して大きいのは、おそらく08年の金融危機後に株を買い増したからだと思います。アメリカンエキスプレス(AXP)も同様の理由から時価評価額が大きくなっているのだと思います。

また、彼は投資をうまくやっただけではなく、ひたすら倹約に努めていました。彼は地元でケチな男として有名で、服がボロボロになるまで着ていたことからホームレスに間違われたそうです。つまり、株だけうまくやるのではなくて、倹約に努めて定期的に株を買い増さなければならないということです。

まとめ
一、配当を出す優良株に投資すること。
二、配当を再投資すること。
三、分散投資すること。
四、倹約に努めて積み立て投資すること。
五、買った株は決して売らないこと。

この投資手法はジェレミーシーゲル流の投資手法で、日本の米国株投資家に人気のある投資手法です。特別優れた銘柄選択をする必要はなく、定期的に株を買い増すことが一番のミソです。

ちなみに遺産のほとんどは彼の地元の病院や図書館に寄付されたそうです。