バフェット太郎です。

2016年6月の運用状況は以下の通りです。
1
今月は新規で70万円入金しました。また、プロクター&ギャンブル(PG)株を35万5862円(3270ドル)、マクドナルド(MCD)株を31万6862円(2810ドル)、計67万2724円(6080ドル)買い増しました。

現金比率は7.42%と前月の7.11%から0.31%pt上昇しました。現金比率が上昇した主な要因は、円高により時価評価額が減少したためです。
2
評価損益額の合計は約-102万円と前月の-23万6000円から悪化しました。株価は前月から上昇しているものの、英国のEU(欧州連合)離脱の決定を受けて為替が大きく円高ドル安に振れたため損失幅が拡大しました。
3
税引き後の配当金受取合計額は874.06ドルでした。

★★★

バフェット太郎の運用ルール

バフェット太郎は毎月、ポートフォリオにおける構成比率下位銘柄を二銘柄買い増しています。投資するタイミングは15日までに一銘柄、30日までにもう一銘柄といった具合に投資しています。

一度に買い増す金額は2500~3000ドル前後を目安にしています。これは手数料が25ドル(楽天証券)かかるためで、なるべく1%以内に抑えたいと考えているからです。本来は0.5%以下が望ましいですが、運用資産が30万ドル(一銘柄当たり3万ドル)程度しかないので、一度に5000ドルも投資するとポートフォリオのバランスがおかしくなってしまうので、2500~3000ドルを目安に買い増しています。運用資産が50万ドルを超えたら一度の買い付け金額を5000ドルに引き上げようと考えています。

グッドラック。