バフェット太郎です。

ネット通販最大手のアマゾン・ドット・コム(AMZN)が流通業界だけでなく輸送業界にまで革命を起こそうとしています。同社は5日、自社の貨物輸送用に運用しているボーイング767型機を、現在の11機から今後二年程度で40機まで増やすと発表しました。

機体は米貨物航空機リース大手のアトラス・エアー・ワールドワイド・ホールディングスと、エアー・トランスポート・サービス・グループの二社からリースを受けるとのこと。機体は白を基調に、垂直尾翼にかけて黒がデザインされています。シャチみたい

AMZNは飛行機を運用することに対して、「商戦ピーク時の物流量の急増に対応するため」と説明していますが、トラック、船、飛行機、(鉄道)を自前で運用することで、将来的に他社にも物流サービスを提供し始めるのではと予想されています。

同社はネット通販用に開発したクラウド・サービスAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)の社外販売を始め、主力事業に育てたことから、自社のネット通販用に構築した物流サービスをAES(アマゾン・エキスプレス・サービス)として他社にサービスとして提供し、主力事業に育てることもできるかもしれません。

そうであるならば、AMZNは単なるEコマース企業ではなく、インフラ企業として認識を改めなければならないのかもしれません。

グッドラック。