バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】 イメージ画像

【投資哲学】

バフェット太郎です。「破綻確率は300万~800万年に一度しかない」ソロモン・ブラザーズの副会長、ジョン・メリウェザーは、1993年にファンドを創設し、ノーベル経済学賞を受賞したマイロン・ショールズ教授とロバート・マートン教授を雇い、これから投資をする国のデフォル
『1600億年に一度の悲劇は偶然かあるいは必然か』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く中、これから株式投資を始めようかどうか迷っている20代の若者も少なくありません。結論から言えば、20代は今こそ始めるべきです。そもそも、個人投資家にとって最大の武器は時間だと言われます
『20代こそ投資を始めるべき理由』の画像

バフェット太郎です。米国で絶大な人気を誇る個人投資家向け情報サイト「モトリーフール」によれば、『コロナウイルスによる弱気相場におけるバフェットの初動(2020年4月6日付)』と題して、バフェットがコロナショックによる株式市場の暴落を絶好の投資機会と捉えているこ
『バフェット氏が資金調達に動く 大型の企業買収狙いか』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRK.B)が、米航空大手デルタ航空(DAL)と同業大手サウスウエスト航空(LUV)の株式を一部売却したことが明らかになりました。バークシャーはかねてからデルタ航空の筆頭株
『【衝撃】バフェット氏がデルタ航空株を売った本当の理由』の画像

バフェット太郎です。著名バリュー株投資家で「投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識」の著者ハワード・マークス氏によれば、「株は大暴落した。ドルコスト平均法で買い向かうのは合理的だ」とのこと。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流
『ハワード・マークス氏「株は大暴落した!ドルコスト平均法で買い向かうのは合理的だ」』の画像

バフェット太郎です。「コロナショック」による株式市場の大暴落によって、多くの個人投資家の富は失われてしまいました。こうした中、経験の浅い未熟な投資家ほど「今は投資を控えるべき」とか「損切りするべき」と考えるものです。しかし、投資の歴史を振り返れば、富とは
『「暴落」や「弱気相場」と富の源泉である理由』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が世界経済に大きな打撃を与える中、これから投資を始めてみようと考えている人も少なくないと思います。しかし、株価が未だ乱高下していますし、企業業績や経済指標の先行き見通しが暗い中で、「投資
『今すぐ株式投資をはじめよう!』の画像

バフェット太郎です。FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長が、NBCのニュース番組「トゥデイ」に出演し、「今回の資金供給に関して、FRBの弾薬が尽きるということはない。それは起こらない」とし、今回の量的緩和政策の規模が無制限であることを改めて強調しました。ま
『パウエルFRB議長「弾薬尽きることない」で、ダウは強気相場入りした!』の画像

バフェット太郎です。「他人が貪欲な時は慎重に、他人が臆病な時は貪欲に」とは、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の言。2008年の金融危機の中、米国を含む世界の株式市場が暴落すると「資本主義の時代が終わる」と主張する識者も少なくありませんでした。しかし、米国は1
『失業保険申請件数328万人、1967年以降で最悪の数字も、「他人が臆病な時ほど貪欲に」を忘れるな!』の画像

バフェット太郎です。25日のNYダウ株式市場は一時1300ドル上昇する場面がありましたが、結局、前日比495.64ドル(2.39%)高の2万1200ドルに留まり取引を終えました。これは、引け直前にサンダース上院議員が「大型景気刺激法案」を巡って、法案採決を阻止する構えを示唆し、
『目先の株価は気にするな!米国株の壮大な強気相場が始まる!』の画像

バフェット太郎です。24日のNYダウ株式市場は前日比2113ドル(11.37%)高の2万0704.91ドルと、1日の上げ幅としては1933年以降で最大となりました。急反発した主な要因は、「大型景気刺激策」が議会で近く採決されるとの期待感が高まったためです。また、トランプ大統領が新
『ダウ、1933年以来の大暴騰も、未だ底打ちしていない理由』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が懸念される中、著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRK.B)が選好する銀行株が軒並み大暴落しています。これは、ヒトとモノの移動が制限される中、企業の業
『【朗報】コロナショックで銀行株が魅力的である理由』の画像

バフェット太郎です。20日のNYダウ株式市場は前日比913.21ドル(4.55%)安の1万9173.98ドルと急落して取引を終えました。下落した主な要因はニューヨーク州知事が州内の事業者に対して、在宅勤務を要請したためです。また、米政権がメキシコとカナダとの国境で不要不急の往
『【大バーゲン】コロナショックは千載一遇の大チャンス!!』の画像

バフェット太郎です。世界中の株価が暴落する中で足下のドル円相場が1ドル111円と、ドルが急騰(円は急落)しているのですが、これは、手元資金の枯渇や顧客の解約に備えた、企業や金融機関による換金売りが加速しているためです。つまり、彼らは必要に迫られて株を売ってい
『米10年債の暴落は、米国株投資家にとって絶好の買い場である理由』の画像

バフェット太郎です。世界の中央銀行による相次ぐ金融緩和策が好感されて、株式などのリスク資産に投資マネーが回帰しつつある中、安全資産とされる長期債が売られて、米10年債利回りが0.96%と急騰(価格は急落)しました。【米10年債利回り】その一方で、FRB(米連邦準備制
『【悲報】長短金利差急拡大で、米国経済は間もなくリセッションへ』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が、世界経済に大きな打撃を与えるとの懸念が高まったことで、ダウ平均は前日比2352.60ドル(9.99%)安の2万1200.62ドルと、「ブラック・マンデー(1987)」以来の下落率を記録しました。【ダウ平均:
『【朗報】FRBが実質的なQE4を発動し、混乱は収束か』の画像

バフェット太郎です。トランプ大統領が英国を除く欧州からの入国を30日間禁止すると発表したことで、世界の株式市場がまるで底が抜けたかのように暴落しています。【世界の株価】欧州株式市場は英国、ドイツ、フランスの主要株価指数がそれぞれ一時10%下げる場面があるなど
『【悲報】世界同時大暴落で地獄の釜の蓋が開く』の画像

バフェット太郎です。史上最長となるダウの強気相場が11年で終わりを迎え、ついに弱気相場入りしました。11日のダウ平均は前日比1464.94ドル(5.68%)安の2万3553.22ドルと急落しました。「調整局面」の定義が「直近の高値から10%以上20%未満の下落」、「弱気相場」の定義
『【朗報】ダウ、11年の強気相場に幕を下ろし、弱気相場が始まる 長期投資家にとって絶好のチャンス到来か』の画像

バフェット太郎です。コロナショックが11年続いた米国の強気相場を終わらせようとしています。【ダウ平均:1990-2020】1990年から2020年までの過去30年間のダウ平均を眺めると、2001年に強気のトレンドチャネルが崩れると、その後2年に渡って弱気相場入りしていることがわか
『【悲報】米国株の弱気相場入りが近い』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、米政府の減税による景気刺激策への期待が高まったことを受けて、ダウ平均は前日比1167ドル高の2万5018ドルと大きく反発しました。このところ株価は大きく乱高下し、まさに大荒れ相場となっているわけですが
『トランプ減税期待でダウ1000ドル高も、先行きはなお不透明か』の画像

バフェット太郎です。世界の株式市場に「黒い白鳥」が突如現れたことで、「灰色のサイ」が暴れ出すかもしれません。これはどういうことかと言うと、「新型コロナウイルスをきっかけに、これまで忘れ去られていた大きな問題が再燃するリスクが高まっている」ということです。
『「灰色のサイ」が暴れ出した時、株式市場は崩壊する』の画像

バフェット太郎です。産油国による原油価格競争と新型コロナウイルスの感染拡大を巡る懸念が高まる中、ダウ平均は前日比2013.76ドル(7.79%)安の2万3851.02ドルと暴落して取引を終えました。これで一カ月前に付けた高値2万9568.57ドルからの下げ幅は5717.55ドルで、下落率
『【史上最悪の大暴落】ダウ2013ドル安 底打ちはいつか そして個人投資家はどのような投資戦略で挑むべきかについて』の画像

バフェット太郎です。NYダウ先物が時間外取引で前日比1256ドル(4.87%)安と暴落したことで、サーキットブレーカーが発動し、取引が一時停止しました。新型コロナウイルスの感染拡大を巡る懸念の高まりに加えて、原油先物価格が一時27.34ドルと前日比で30%以上暴落したこと
『【大悲報】米国株大暴落でサーキットブレーカーが発動!』の画像

バフェット太郎です。FRB(米連邦準備制度理事会)の手詰まり感が懸念される中、ローレングレン総裁がFRBが新たな対応策として「資産購入プログラム」を検討していることを示唆しました。ブルームバーグの記事『ボストン連銀総裁、幅広い資産購入検討をーリセッションに備え
『【朗報】FRBによる「資産購入プログラム」でダウは復活する』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスの感染拡大を巡って世界同時不況への懸念が高まる中、米国株式市場は大きく乱高下し、直近の高値から12.4%安と調整局面を迎えています。また、S&P500種指数が急落する中、持ち株を「全売り」するなど狼狽売りに走るクソダサい個人投
『【長期投資家向け】狼狽売りに走らないための投資戦略』の画像

目次 世界経済の不況は絶好の買い場か 湾岸戦争は絶好の買い場だった ドットコムバブル崩壊も絶好の買い場だった 金融危機もやっぱり最高の買い場だった まとめ 世界経済の不況は絶好の買い場か バフェット太郎です。日本経済新聞によれば、IMF(国際通貨域金)が2020年の
『世界経済の不況が絶好の買い場である理由』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウィルスが世界で拡大する中、利下げへの期待感から株価は大きく反発しました。ダウ平均はバーゲン・ハンティング(安値拾いの買い戻し)が入り、前日比1293.96ドル(5.09%)高の2万6703.32ドルと、一日の上げ幅としては2018年12月26日の1086
『【メシウマ】株価大幅反発で狼狽売りしたクソダサい投資家涙目www』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウィルス感染拡大を巡る懸念が高まる中、ダウ平均は前日比357.28ドル(1.39%)安の2万5409.36ドルと7日続落し、週間ベースでは12.36%下げ、2008年金融危機以来の大幅な下げ幅を記録しました。(出典:日本経済新聞)1923年以降の97年間を振
『【朗報】「下ヒゲ」が出現し、米国株はついに底打ちか』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウィルスの感染拡大を巡って、ヒトやモノの移動の制限が長期化し、世界経済が停滞するとの懸念が一段と高まったことで、ダウ平均は前日比1030.35ドル(4.00%)安の2万4736.29ドルと、2万5000ドルを割り込みました。【ダウ平均:日足】ダウ平
『【メガ・ボトム】VIX(恐怖)指数が大底を示唆 賢明な投資家は今こそ買い向かうべきか』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウィルスのパンデミック(世界的な大流行)を巡る懸念が高まったことで、ダウ平均は前日比1190ドル(4.42%)安の2万5766.64ドルと、過去最大の下げ幅を記録して取引を終えました。直近の高値2万9568.57ドルからは3801.93ドル(12.9%)安です
『【史上最悪】ダウ1190ドルの大暴落も「200週移動平均線」と「下ヒゲ」をシグナルにトレンドは反転する』の画像

バフェット太郎です。「潮が引いて初めて誰が裸で泳いでいたかが分かる」とは著名投資家ウォーレン・バフェット氏の言。この言葉の解釈は様々ありますが、バフェット太郎は「株式市場が暴落した時、誰がクソダサい投資家がわかる」くらいの意味だと考えています。つまり、大
『【止まらない米国株の暴落】米国株は絶好の買い場か、あるいはリセッションか』の画像

バフェット太郎です。ダウ平均は前日比409.15ドル(+1.51%)高の2万7490.51ドルと反発して推移していますが、これは調整局面の終わりを示唆しているのでしょうか、あるいは一時的な反発に過ぎないのでしょうか。結論から言えば、どちらとは言えないものの、投資家は株価の変
『米国株が乱高下する中、賢明な投資家だけが実践している投資戦略』の画像

バフェット太郎です。中国発の新型コロナウィルスがパンデミック(世界的な大流行)になるのではないかとの懸念が高まったことで、ダウ平均は前日比879.44ドル(3.15%)安の2万7081.36ドルと大幅続落となりました。【ダウ平均:日足】ダウ平均は2月12日の高値2万9568.57ドル
『【米国株大暴落】ひとつの銘柄で大きな値上がり益と高配当を両取りする投資アイディア』の画像

バフェット太郎です。中国発の新型コロナウィルス感染拡大を受けて、株式市場は急落していますが、これは、これから投資をはじめようと考えている人にとって絶好の投資機会になり得ます。【ダウ平均とFFレートの推移:1996-1999末】チャートは1996年から1999年末までのダウ
『コロナウィルスショックはこれから投資を始めようと考えている人にとって絶好の投資機会になり得る理由』の画像

バフェット太郎です。米投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRK.B)を率いる著名投資家ウォーレン・バフェット氏が「株主の手紙」を公表しました。バークシャー・ハザウェイの手元資金が1280億ドル(約14兆円)に膨れ上がる中、その豊富な手元資金を生かし切れていないことが

バフェット太郎です。米国で絶大な人気を誇る個人投資家向け情報サイト『モトリーフール』に『リセッション対策でポートフォリオに入れたい12銘柄』と、不況に強い銘柄が紹介されていました。そもそも、米国株の強気相場は2009年6月から始まっているため、もう10年以上経過し
『リセッションに備えて今から投資すべきセクターとは』の画像

バフェット太郎です。将来の政策金利の見通しを巡って、FRB(米連邦準備制度理事会)と投資家との間でギャップが生まれています。つまり、FRBの政策決定は株式市場にネガティブ・サプライズを与えかねません。FRBが19日に発表した1月28・29日のFOMC(連邦公開市場委員会)議
『米金利は暴落し、原油価格は大暴騰する【そしてリセッションへ】』の画像

バフェット太郎です。世界経済の先行指標として知られる銅に”売り”シグナルが出た一方で、有事の金と金鉱株に”買い”シグナルが出ています。【銅先物価格(週足):1990-2020】銅先物の週足チャートを眺めると、50週移動平均線が2.70ドルと、200週移動平均線の2.71ドルを0
『銅の暴落と金の大暴騰が意味する世界経済の未来』の画像

バフェット太郎です。株高ドル高が加速したことで、米国株投資家の資産が大きく増えています。一方で円安が加速しているということは、リスク資産を保有していない非投資家との間で資産が加速度的に拡大していることを意味します。そもそも、なぜ突如として円安に傾いたのか
『【ドル円は160円を目指す!】超円安時代の到来は超格差社会を意味する』の画像

バフェット太郎です。米国で絶大な人気を誇る個人投資家向け情報サイト『モトリーフール』は、「一握りの優良株に投資し、忍耐強く保有し続ける」という投資戦略を推奨していることから、それに適した銘柄が度々紹介されます。さて、2月19日付の記事に『持ち続けることに意味
『永久保有に適した米優良配当株とは』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウィルスはバリュー投資家にとって絶好のチャンスかもしれません。米国で絶大な人気を誇る個人投資家向け情報サイト『モトリーフール』に「新型肺炎コロナウィルスで期待が高まる医薬品3銘柄」との記事。中国発の新型コロナウィルス感染拡大を
『コロナウィルスはバリュー投資家に絶好の投資機会を提供するか』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが提出したフォーム13F報告書によると、米小売り第二位でスーパーマーケット首位のクローガー(KR)と神経疾患分野の開拓者のバイオジェン(BIIB)を新たに取得していたことが
『バフェット氏、消費財株とエネルギー株に強気』の画像

バフェット太郎です。投資の世界には完璧な法則は存在しないので、「最強の投資法を会得した」と考えるのは大きな間違いです。大抵の場合、そうした思い込みの後に起こる新たな事象が、その「最強の投資法」を台無しにするものです。たとえば、著名投資家ウォーレン・バフェ
『バフェットの師、グレアムに学ぶ「完璧な投資法」は存在しないということ』の画像

バフェット太郎です。米国で絶大な人気を誇る個人投資家向け情報サイト『モトリーフール』は、「一握りの優良株に投資し、忍耐強く保有し続ける」という投資戦略を推奨していることから、それに適した銘柄が度々紹介されます。ちなみに、2020年2月13日付の記事『PERが12.5倍
『堅実で割安な高配当株への投資』の画像

バフェット太郎です。日本経済新聞に『米社、株主還元で債務超過』との記事。米国の大型株の中には、負債総額が資産総額を上回る、いわゆる「債務超過」状態にある企業も珍しくありません。ただし、債務超過状態にあるからといって必ずしも経営不安が起きているとは言えず、
『債務超過状態にある米国株への投資』の画像

バフェット太郎です。米国で絶大な人気を誇る個人投資家向け情報サイト『モトリーフール』に「ポートフォリオの柱に据えたい米国高配当株3銘柄」との記事。そもそも、「高配当株投資」といっても単純に配当利回りの高い銘柄ならなんでも良いというわけではなくて、注意すべき
『「高配当株」に投資する際に注意すべき5つのこと』の画像

バフェット太郎です。中国発の新型コロナウィルスの感染拡大を巡って世界経済の成長鈍化への懸念が高まるも、米国株式市場の強気相場は一段と加速する公算が大きいです。【米10年債利回りとS&P500種指数:1990-2020】チャートは1990年から2020年(現在)までの米10年債利回り
『米10年債利回りの反発は米国株大暴騰のシグナルか』の画像

バフェット太郎です。 Unbelievable update on THE chart.High P/E stocks beat Low P/E more in the last 10 years than they did in the 10 years to the https://t.co/hFtaKKIQvm peak.Never thought I'd see such a thing. pic.twitter.com/pUU0NyaMRV— Jeff Weniger (@
『「高PER株投資の時代」の終焉は近い』の画像

↑このページのトップヘ