バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略) イメージ画像

【銘柄分析】

バフェット太郎です。米小売り最大手のウォルマート(WMT)が第4四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想1.37ドルに対して、結果1.33ドルと予想を下回りました。売上高は予想1349億1000万ドルに対して、結果1351億ドルと予想を上回りました。18年1月期通期
『【悲報】ウォルマート、ネット通販の売上高鈍化で株価暴落!!』の画像

バフェット太郎です。FRBが政策金利を引き上げれば、利ザヤが拡大するため金融株がその恩恵を受けると言われています。例えば、預金者から預かったお金を利回りが高くなった債券に投資する一方、預金者に対して今までと変わらない利息を支払い続ければ利ザヤが拡大するので儲
『【WFC】ウェルズ・ファーゴ、優良株回帰への道のりはなお遠い理由』の画像

バフェット太郎です。ソフトドリンク大手のコカ・コーラ(KO)が第4四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想0.39ドルに対して、結果0.39ドルと予想に一致しました。売上高は予想73億6000万ドルに対して、結果75億ドルと予想を上回りました。2018年通期EPS見
『【KO】コカ・コーラ11四半期連続の減収も株高となったワケ』の画像

バフェット太郎です。タバコ世界最大手のフィリップ・モリス・インターナショナル(PM)が第4四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想1.35ドルに対して、結果1.31ドルと予想を下回りました。売上高は予想81億5000万ドルに対して、結果82億9400万ドルと予
『【PM】フィリップ・モリス、弱気トレンドが終わり強気トレンドへ』の画像

バフェット太郎です。先週、米ネット小売最大手のアマゾン・ドットコム(AMZN)が第4四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想1.83ドルに対して、結果2.19ドルと予想を上回りました。売上高は予想598億3000万ドルに対して、結果604億5000万ドルと予想を上回
『【AMZN】アマゾン、好決算で株価は青天井!』の画像

バフェット太郎です。インターネット検索で世界最大手のグーグルの親会社アルファベット(GOOGL)が第4四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想9.98ドルに対して、結果9.70ドルと予想を下回りました。売上高は予想318億7000万ドルに対して、結果323億2000万
『【GOOGL】アルファベット、予想下回る決算で株価急落!』の画像

バフェット太郎です。SNS世界最大手のフェイスブック(FB)が第4四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想1.97ドルに対して、結果2.21ドルと予想を上回りました。売上高は予想125億5000万ドルに対して、結果129億7000万ドルと予想を上回りました。デイリー・
『【FB】フェイスブック、予想を上回る好決算で株価急騰!』の画像

バフェット太郎です。ファストフード世界最大手のマクドナルド(MCD)が第4四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想1.59ドルに対して、結果1.71ドルと予想を大きく上回りました。売上高は予想52億3000万ドルに対して、結果53億4000万ドルと予想を上回りまし
『【MCD】マクドナルド「新バリューセット×バターミルク・クリスピー」で売上伸ばす!』の画像

バフェット太郎です。半導体世界最大手のインテルが第4四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想0.87ドルに対して、結果1.07ドルと予想を大きく上回りました。売上高は予想163億4000万ドルに対して、結果170億5000万ドルと予想を上回りました。第1四半期のEP
『【INTC】インテル株は暴騰、決算に脆弱性見つからず』の画像

バフェット太郎です。コングロマリット大手のゼネラル・エレクトリック(GE)が第4四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想0.29ドルに対して、結果0.27ドルと予想を下回りました。売上高は予想340億ドルに対して、結果314億ドルと予想を下回りました。通期
『【GE】GE予想を下回る決算で株価急落!投資タイミングはまだ先だ!』の画像

バフェット太郎です。日用品世界最大手のプロクター&ギャンブルが第2四半期決算を発表しました。EPSは予想1.14ドルに対して、結果1.19ドルと予想を上回りました。売上高は予想173億9000万ドルに対して、結果174億ドルと予想を上回りました。通期のEPS見通しは予想4.12~4.19
『【PG】P&G、決算は予想を上回るもブランド価値の低迷が懸念材料に』の画像

バフェット太郎です。総合ヘルスケア大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)が第4四半期決算を発表しました。EPSは予想1.72ドルに対して、結果1.74ドルと予想を上回りました。売上高は予想200億7000万ドルに対して、結果202億ドルと予想を上回りました。通期のEPS見通
『【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソン、好決算も株価急落!』の画像

バフェット太郎です。22日のNYダウ株式市場は+142.88ドル(+0.55%)高の2万6214.60ドルと上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は、暫定予算の期限が切れて政府機関の一部が閉鎖する中、米上院が2月8日までの予算を手当てするつなぎ予算案を可決したためです。この予
『【NFLX】ヒット作品連発で新規加入者数は大幅増!強気トレンドは続く』の画像

バフェット太郎です。エネルギー株が調整局面を迎えようとしています。OPEC(石油輸出国機構)が発表した17年12月の生産量は、前月比4万バレル増の日量3241万バレルと三カ月ぶりに増加に転じました。OPECは原油価格を回復させるために協調減産を実施していますが、最近の原油
『【原油】エネルギー株は10%の調整局面入りか』の画像

バフェット太郎です。クレジットカード最大手のアメリカン・エキスプレス(AXP)が第4四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想1.54ドルに対して、結果1.58ドルと予想を上回りました。売上高は予想87億ドルに対して、結果88億4000万ドルと予想を上回りまし
『【AXP】アメックス自社株買いプログラム停止も、トレンドは追い風吹く』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェットは「キッチンにゴキブリが一匹いれば、他にもたくさんいる証拠だ」と語りました。さて、コングロマリット大手のゼネラル・エレクトリック(GE)が介護保険事業で62億ドルもの費用を計上したことを明らかにしたことで、
『【朗報】GE、ダウの除外は底値買いのチャンスか』の画像

バフェット太郎です。米IT大手のIBMが第4四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想5.17ドルに対して、結果5.18ドルと予想を上回りました。売上高は予想220億6000万ドルに対して、結果225億4300万ドルと予想を上回りました。2018年通期のEPSは予想13.87ドル
『【IBM】約6年ぶりの増収も株価急落!復活への出口はまだ先か』の画像

バフェット太郎です。投資銀行大手のゴールドマン・サックス(GS)が第4四半期決算を発表しました。EPSは予想4.92ドルに対して、結果5.68ドルと予想を上回りました。売上高は予想76億1000万ドルに対して、結果78億3000万ドルと予想を上回りました。税制改革の成立に伴う費用
『【GS】ゴールドマン・サックス、税制改革の費用重しで株価急落!』の画像

バフェット太郎です。16日のNYダウ株式市場は一時2万6000ドルの大台を突破したものの、原油安によるエネルギー株の下落を受けて、前日比ー10.33ドル(ー0.04%)安の2万5792.86ドルと小幅下げて取引を終えました。原油価格が下落した主な要因は、ヘッジファンドによる原油買い
『【GE】ゼネラル・エレクトリック、主要部門に想定以上の問題が潜む!』の画像

バフェット太郎です。原油先物価格は週間ベースで+4.65%高の64.30ドルと、三年ぶりの高値を付けました。原油価格が上昇している主な要因は、産油国の停滞、供給の混乱、生産量の削減などが挙げられます。また、ドル安も原油高の要因になっています。なぜ、ドル安が原油高に
『【XOM】エクソン・モービルがすでに強気相場入りしてる理由』の画像

バフェット太郎です。リテール銀行大手のウェルズ・ファーゴ(WFC)が第4四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想1.06ドルに対して、結果1.13ドルと予想を上回りました。売上高は予想223億4000万ドルに対して、結果221億ドルと予想を下回りました。税制改革
『【WFC】ウェルズ・ファーゴ、EPS予想上回るも、内容は悪かった!』の画像

バフェット太郎です。米投資銀行最大手のJPモルガン・チェース(JPM)が第4四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想1.69ドルに対して、結果1.76ドルと予想を上回りました。売上高は予想251億5000万ドルに対して、結果241億5000万ドルと予想を下回りました
『【JPM】JPモルガン・チェースの第4四半期決算はまちまち。M&Aは加速と住宅融資は減速は終わりの始まりを示唆している。』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。21日のNYダウ株式市場は前日比+160.50ドル(+0.69%)安の2万3590.83ドルと過去最高値を更新しました。ダウ平均はこれまで買われ過ぎによる高値警戒感から売りが優勢となっていましたが、投資家にとっては小さな下落も「押し目買い」と
『【GE】割安な優良株ゼネラル・エレクトリックは18年中にも回復か』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。バフェット太郎がこのブログを立ち上げたばかりの頃(2016年1月)、とにかくバイオ株がイケてるみたいなことが言われていて、ギリアド・サイエンシズ(GILD)というバイオ医薬品メーカーに長期投資すれば、あとは気絶してるだけでお金

バフェット太郎(@buffett_taro)です。13日のNYダウ株式市場は前日比+17.49ドル(+0.07%)高の2万3439.70ドルと小幅上昇しました。上昇した主な要因は、プロクター&ギャンブル(PG)+0.95%高、マクドナルド(MCD)+1.07%高と、バフェット太郎が保有する連続増配高配当株
『【GE】不人気優良株ゼネラル・エレクトリックの目標株価と買い方』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。不人気優良株でコングロマリット大手のゼネラル・エレクトリック(GE)株が年初来で-35%下げる中、虎視眈々と狙っている個人投資家も少なくありません。しかし、今はまだ「買い」のタイミングではありません。なぜなら、ゼネラル・エ

バフェット太郎(@buffett_taro)です。米通信大手第4位のスプリント(S)と第3位のTモバイルUS(TMUS)が統合交渉を打ち切ったことで、株価はそれぞれ-11.54%安、-5.72%安と急落しました。また、米通信二強のベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)とAT&T(T)の株価もそ
『スプリントとTモバイルUSの統合交渉打ち切りを受けて、通信セクターの価格競争が本格化する!』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。2日のNYダウ株式市場は前日比+81.25ドル(+0.35%)高の2万3516.26ドルと過去最高値を更新して取引を終えました。上昇した主な要因は、トランプ大統領がFRB(米連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事を指名する
『【AAPL】アップル予想を上回る好決算で株価は急騰!』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。ネット小売世界最大手のアマゾン・ドット・コム(AMZN)は、これまで家電業界や玩具業界、アパレル業界、百貨店業界、食品スーパー業界など、多くの小売企業を駆逐してきましたが、今度は調剤業界を狙って攻勢をかけようとしています。
『ドラッグストア株がボコボコに売られてる!アマゾンの参入報道受けて』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。ソフトウェア開発で世界最大手のマイクロソフト(MSFT)が第1四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想0.72ドルに対して、結果0.84ドルと予想を上回りました。売上高は予想235億7000万ドルに対して、結果245億4000万ド
『【MSFT】マイクロソフト、決算内容を好感して株価は急騰!時価総額はドットコムバブル以来の6000億ドルを回復!!』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。米タバコ最大手のアルトリア・グループ(MO)が第3四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想0.87ドルに対して、結果0.97ドルと予想を上回りました。売上高は予想51億9000万ドルに対して、結果51億2300万ドルと予想を
『【MO】アルトリア、好調な企業決算を好感して株価高騰!新規制の導入で市場シェアを独占か』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。ソフトドリンク大手のコカ・コーラ(KO)が第3四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想0.49ドルに対して、結果0.50ドルと予想を上回りました。売上高は予想87億2000万ドルに対して、結果90億8000万ドルと予想を上回り
『【KO】コカ・コーラ10四半期連続の減収も、営業利益率は大幅に改善!』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。米ファストフード最大手のマクドナルドが第3四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想1.77ドルに対して、結果1.76ドルと予想を下回りました。売上高は予想57億4000万ドルに対して、結果57億5000万ドルと予想を上回り
『【MCD】マクドナルド低価格路線で成功。これからはデリバリーとモバイルの融合に期待』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。今年、米国株式市場は大きく上昇していますが、相場の牽引役となったのはフェイスブック(FB)やアマゾン・ドット・コム(AMZN)、アルファベット(GOOGL)の三社です。しかし最近、この三社に対して市場参加者の間で事業分割の可能性

バフェット太郎(@buffett_taro)です。コングロマリット大手のゼネラル・エレクトリック(GE)が第3四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想0.49ドルに対して、結果0.29ドルと予想を大きく下回りました。売上高は予想325億6000万ドルに対して、結果334億72
『【GE】ゼネラル・エレクトリック予想を下回る決算も、投資家は事業売却とリストラによる「リセット」に期待』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。19日にフィリップ・モリス・インターナショナル(PM)の第3四半期決算が発表されました。内容は悪かったです。EPSは予想1.38ドルに対して、結果1.27ドルと予想を下回りました。売上高は予想77億ドルに対して、結果75億ドルと予想を下回
『【PM】フィリップ・モリス・インターナショナル予想を下回る決算で株価急落も長期的に見れば押し目買いのチャンスか』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。20日のNYダウ株式市場は前日比+165.59ドル(+0.71%)高の2万23328.63ドルと上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は、米上院が来年度の予算決議案に可決したためです。これにより上院で過半数を握る共和党が単独で税制法案を通
『【PG】プロクター&ギャンブルが急落!世界的な支出の減少を受けて』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。19日のNYダウ株式市場は前日比+5.44ドル(+0.02%)+0.02%高の2万3163.04ドルと上昇して取引を終えました。この日は「ブラックマンデー」からちょうど30周年となり、ハイテク関連株を中心に利益確定の売りが出やすく、特にアップル(A
『【VZ】ベライゾン好決算で株価上昇!』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。クレジットカード最大手のアメリカン・エキスプレス(AXP)が第3四半期決算を発表しました。EPSは予想1.48ドルに対して、結果1.50ドルと予想を上回りました。売上高は予想83億1000万ドルに対して、結果84億4000万ドルと予想を上回りま
『【AXP】アメリカン・エキスプレス予想を上回る好決算もCEO辞任はネガティブサプライズだった!』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。 17日のNYダウ株式市場は前日比+40.48ドル(+0.18%)高の2万2956.24ドルと過去最高値を更新し、一時2万3000ドルの大台を突破する場面もありました。ユナイテッド・ヘルス・グループ(UNH)とジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)が
『【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソンなど好調な企業業績を受けてダウは一時史上初めて2万3000ドルの大台を突破した!』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。米小売最大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)の株価が前日比+4.47%高と大きく上昇しています。これは、投資家向けの年次総会の内容を好感したためです。【ウォルマート・ストアーズ:WMT】ウォルマートは年次総会で、今後二年間で2
『【WMT】ウォルマート、ネット通販急拡大で株価急騰!』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。NYダウ株式市場は前日比+19.97ドル(+0.09%)高の2万2661.64ドルと三営業日連続で史上最高値を更新しました。上昇した主な要因は、好調な経済指標を好感して買いが優勢となったためです。この日発表された9月の米ISM非製造業景況指数
『【PEP】ペプシコの第3四半期決算は健康志向への対応が裏目に出て失敗』の画像

↑このページのトップヘ