バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略) イメージ画像

小売り

バフェット太郎です。小売り世界最大手のウォルマート(WMT)が第2四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想1.22ドルに対して、結果1.29ドルと予想を上回りました。売上高は予想1259億7000万ドルに対して、結果1280億ドルと予想を上回りました。通期のEPS見
『【WMT】ウォルマート、景気拡大を追い風に好決算で株価+10%高!!』の画像

バフェット太郎です。ネット通販世界最大手のアマゾン・ドットコム(AMZN)が第2四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想2.53ドルに対して、結果5.07ドルと予想を大きく上回りました。売上高は予想533億7000万ドルに対して、結果528億9000万ドルと予想を下
『【AMZN】アマゾン好決算もFANGブームに陰りか』の画像

バフェット太郎です。ゼネラル・エレクトリック(GE)に代わってダウ平均構成銘柄に選定されたドラッグストアチェーン大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の株価が前日比ー9.90%安と暴落しました。【ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス:WBA】暴落した主な
『【WBA】ウォルグリーン、アマゾンの薬局事業参入で暴落するも、投資家にとって絶好の投資機会を意味する理由』の画像

バフェット太郎です。小売り世界最大手のウォルマート(WMT)の株価が前日比+2.93%高の85.42ドルと急騰しました。これはウォルマートが海外戦略見直しの一環として、苦戦しているブラジル事業子会社のおウォルマート・ブラジル株の80%を米投資ファンドのアベント・インター
『【WMT】ウォルマート、国際ポートフォリオの見直しで再加速するか』の画像

バフェット太郎です。米小売り最大手のウォルマート(WMT)が第1四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想1.12ドルに対して、結果1.14ドルと予想を上回りました。売上高は予想1204億7000万ドルに対して、結果1227億ドルと予想を上回りました。米国内の既存
『【WMT】ウォルマート、既存店売上高が予想を下回り株価急落!』の画像

バフェット太郎です。ネット小売り世界最大手のアマゾン(AMZN)が第1四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想1.26ドルに対して、結果3.27ドルと予想を大きく上回りました。売上高は予想498億8000万ドルに対して、結果510億4000万ドルとこちらも予想を大き
『【AMZN】倍増する利益でアマゾン株への熱狂は続くか』の画像

バフェット太郎です。ネット動画配信世界最大手のネットフリックス(NFLX)が第1四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想0.64ドルに対して、結果0.64ドルと予想に一致しました。売上高は予想36億9000万ドルに対して、結果37億ドルと予想を上回りました。米
『【NFLX】ネットフリックス、好調な企業決算を好感して株価は急騰!』の画像

バフェット太郎です。米小売り最大手のウォルマート(WMT)が第4四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想1.37ドルに対して、結果1.33ドルと予想を下回りました。売上高は予想1349億1000万ドルに対して、結果1351億ドルと予想を上回りました。18年1月期通期
『【悲報】ウォルマート、ネット通販の売上高鈍化で株価暴落!!』の画像

バフェット太郎です。先週、米ネット小売最大手のアマゾン・ドットコム(AMZN)が第4四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想1.83ドルに対して、結果2.19ドルと予想を上回りました。売上高は予想598億3000万ドルに対して、結果604億5000万ドルと予想を上回
『【AMZN】アマゾン、好決算で株価は青天井!』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。ネット小売世界最大手のアマゾン・ドット・コム(AMZN)は、これまで家電業界や玩具業界、アパレル業界、百貨店業界、食品スーパー業界など、多くの小売企業を駆逐してきましたが、今度は調剤業界を狙って攻勢をかけようとしています。
『ドラッグストア株がボコボコに売られてる!アマゾンの参入報道受けて』の画像

バフェット太郎(@buffett_taro)です。米小売最大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)の株価が前日比+4.47%高と大きく上昇しています。これは、投資家向けの年次総会の内容を好感したためです。【ウォルマート・ストアーズ:WMT】ウォルマートは年次総会で、今後二年間で2
『【WMT】ウォルマート、ネット通販急拡大で株価急騰!』の画像

バフェット太郎です。世界最大のネット小売アマゾン・ドット・コム(AMZN)が第2四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想1.42ドルに対して、結果0.40ドル(前年同期比77%減)と予想を大きく下回りました。売上高は予想371億8000万ドルに対して、結果380億
『【AMZN】アマゾン、大幅減益とガイダンスの下方修正で株価急落!』の画像

バフェット太郎です。ウォールストリート・ジャーナルによれば、米小売最大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)は、米ネット小売り最大手アマゾン(AMZN)のクラウド・サービス、「アマゾン・ウェブ・サービス」(AWS)を利用する顧客(納入業者)とは取引しない方針である

バフェット太郎です。米ネット小売り大手のアマゾン・ドット・コム(AMZN)が米小売最大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)に対して宣戦布告しました。アマゾン(AMZN)はウォルマート(WMT)の主要顧客層であり、フードスタンプ(低所得者向けの公的食料費費補助)を受け

バフェット太郎です。ネット小売り最大手のアマゾン・ドット・コム(AMZN)が実店舗を増やす中、小売り最大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)はネット通販を急拡大するなど、ネットとリアルの境界線が無くなりつつあることで競争が激化しています。米ネット通販市場ですで
『【激戦】ネット小売業の「ラストワンマイル」を制する者は?』の画像

バフェット太郎です。アマゾン(AMZN)が消費行動を変え、既存の小売企業を次々と駆逐していく中、アマゾン(AMZN)がマネできない商品やサービスを展開することで、ホームセンター最大手のホーム・デポ(HD)とロウズ(LOW)、そして家電量販店最大手のベスト・バイ(BBY)
『【後編】アマゾンに対抗できる小売株5銘柄を紹介する!』の画像

バフェット太郎です。ジェフ・ベゾス氏率いるアマゾン・ドット・コム(AMZN)は、顧客の消費行動を変え、小売業界の生態系を変えた結果、環境の変化に順応できなかった多くの小売企業が淘汰されていきました。一方で、ホームセンター大手のホーム・デポ(HD)やロウズ(LOW)
『【前編】アマゾンに対抗できる小売株5銘柄を紹介する!』の画像

バフェット太郎です。米小売最大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)が第1四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想0.96ドルに対して、結果1.00ドルと予想を上回りました。売上高は予想1177億ドルに対して、結果1175億ドルと予想を下回りました。しかし、前
『【WMT】不人気優良株ウォルマートが好決算で株価急伸!』の画像

バフェット太郎です。全米最大手の老舗百貨店メーシーズが第1四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想0.34ドルに対して、結果0.24ドルと予想を下回りました。売上高は予想54億7000万ドルに対して、結果53億4000万ドルと予想を下回りました。既存店売上高は
『【M】全米最大手の老舗百貨店メーシーズも無事死亡』の画像

バフェット太郎です。 ネット小売り世界最大手のアマゾン・ドット・コム(AMZN)が第1四半期決算を発表しました。内容は良かったです。 EPSは予想1.12ドルに対して、結果1.48ドルと予想を上回りました。 売上高は予想353億ドルに対して、結果357億1000万ドルと予想を上回
『【AMZN】アマゾン好決算で引け後のアフターマーケットで株価急騰!』の画像

バフェット太郎です。米国の小売業界はいま、大幅な雇用削減に直面しています。米雇用統計のよれば、小売業界の就業者数は3月2万9700人減、2月3万1000人減と二カ月の合計が6万0700人にも上り、2009年の金融危機以来最大の減少幅となりました。小売業界の雇用は、繁忙期や閑散
『アマゾンの爪痕』の画像

バフェット太郎です。 アマゾン・ドット・コム(AMZN)の株価は906.83ドルと上場来高値を更新しています。 アマゾンの発行済み株式総数の6分の1を保有している創業者ジェフ・ベゾス氏の資産額は720億ドル(約8兆円)にもなり、世界第1位のマイクロソフト(MSFT)共
『AWSは新興ハイテク企業の必需品』の画像

バフェット太郎です。ネット小売り大手のアマゾン・ドット・コム(AMZN)が躍進し、百貨店大手やディスカウントストア大手など、小売各社が軒並み業績を落とす中で、ホームセンター大手のホーム・デポ(HD)とロウズ・カンパニーズ(LOW)の業績は堅調に推移しています。アマ
『アマゾンの躍進で小売各社撃沈も、ホームセンター株だけは無傷な理由』の画像

バフェット太郎です。米小売り最大手のウォルマート・ストアーズが第4四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想1.29ドルに対して、結果1.30ドルと予想を上回りました。売上高は予想1302億2000万ドルに対して、結果1297億5000万ドルと予想を下回りました。純
『【WMT】ウォルマート好調な決算で株価急騰!』の画像

バフェット太郎です。ネット小売り最大手のアマゾン・ドット・コム(AMZN)が第4四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想1.35ドルに対して、結果1.54ドルと予想を上回りました。これで7四半期連続の黒字です。売上高は予想446億8000万ドルに対して、結果437
『【AMZN】利益予想上回るも株価急落!アマゾンの終わりの始まり』の画像

バフェット太郎です。今から約30年前の87年10月19日(月)にNYダウ株式市場は史上最大の暴落となり、この日が月曜日だったことから「ブラック・マンデー(暗黒の月曜日)」と呼ばれました。また、1929年10月24日(木)はゼネラル・モーターズの株価が大暴落し、株式市場が閉
『【WMT】ウォルマート、大胆な安売り戦略とネット通販事業のテコ入れで株価は80ドルを目指す!』の画像

バフェット太郎です。米小売り最大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)が第3四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想0.96ドルに対して、結果0.98ドルと予想を上回りました。売上高は予想1186億9000万ドルに対して、結果1182億ドルと予想を下回りました。
『【WMT】ウォルマート第3四半期決算はネット通販好調も株価急落!』の画像

バフェット太郎です。米小売り最大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)の株価が高値から8.4%下落しており、冴えません。WMTの週足チャートです。強気の上昇トレンドのサポートライン(下値支持線)をつけており、ここから反発できるのか、あるいは50日移動平均線の66.51ド
『投資家はウォルマートの終わりなきオンライン戦争にどれだけ寛容になれるのかが試される!』の画像

バフェット太郎です。 『ウォールストリートジャーナル』によれば、米小売り大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)は今後数カ月かけて全米各地の店舗で事務職約7000人を削減する計画を発表しました。 WMTの各店舗内には会計・経理担当者がおり、店舗の売上金の管理や請求
『【WMT】ウォルマート、高給職の削減で効率性の追求へ』の画像

バフェット太郎です。7日の日本経済新聞に『ウォルマート、ネット注力』との記事。米小売り最大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)はアマゾン(AMZN)に対抗するためネット販売事業の拡大を急いでいます。昨年から2年間のネット関連投資額は20億ドルを超え、シリコンバレー
『米ウォルマートが抱える二つの問題。』の画像

バフェット太郎です。高級ジュエリー大手のティファニー(TIF)が第1四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想0.68ドルに対して、結果0.64ドルと予想を下回りました。売上高は予想9億1500万ドルに対して、結果8億9100万ドルと予想を下回りました。既存店売上
『ティファニー 下方修正で輝きを失った!』の画像

バフェット太郎です。 米小売り大手のウォルマート・ストアーズ(WMT)が第1四半期決算を発表しました。内容は良かったです。 EPSは予想0.88ドルに対して、結果0.98ドルと予想を上回りました。 売上高は予想1132億ドルに対して、結果1159億ドルと予想を上回りました。 米
『ウォルマートをクソ株だと言ってた奴がクソだったという件についてww』の画像

バフェット太郎です。ホームセンター業界首位のホームデポ(HD)が第1四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想1.36ドルに対して、結果1.45ドルと予想を上回りました。売上高は予想223億9000万ドルに対して、結果227億6000万ドルと予想を上回りました。2017
『ホームデポ(HD)好決算も「売り」シグナルが発生している!』の画像

バフェット太郎です。百貨店のノードストローム(JWN)が第1四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想0.46ドルに対して、結果0.26ドルと予想を下回りました。売上高は予想32億8000万ドルに対して、結果31億9200万ドルと予想を下回りました。業績が悪化した主
『ノードストロームなど百貨店はほぼ全滅。全部アマゾンのせいだ!』の画像

バフェット太郎です。米オフィス用品最大手のステープルズ(SPLS)と同業二位のオフィス・デポ(ODP)の合併計画は失敗に終わりました。これはFTC(米連邦取引委員会)が公正な競争を妨害するとして提訴し、連邦地裁が仮差し止め命令を出す判断を下したことを受けて、両社が
『オフィス用品大手のステープルズとオフィスデポ株価大暴落。市場の縮小とアマゾンが強すぎて。』の画像

バフェット太郎です。老舗高級百貨店のメーシーズ(M)が第1四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想0.38ドルに対して、結果0.40ドルと予想を上回りました。売上高は予想59億4000ドルに対して、結果57億7000万ドルと予想を下回りました。2017年度通期のEPS
『老舗百貨店メーシーズ急落も、バリュー株としてはおもしろいと思う。』の画像

↑このページのトップヘ