バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略) イメージ画像

半導体・半導体製造装置

バフェット太郎です。FANG銘柄の一角でグラフィックス用半導体最大手のエヌビディア(NVDA)が第2四半期決算を発表しました。内容はまちまちでした。EPSは予想1.85ドルに対して、結果1.94ドルと予想を上回りました。売上高は予想31億1000万ドルに対して、結果31億2000万ドル
『【NVDA】エヌビディア、半導体株は曲がり角を迎えている』の画像

バフェット太郎です。27日のNYダウ株式市場は前日比ー165.52ドル(ー0.68%)安の2万4117.59ドルと下落して取引を終えました。米中貿易戦争を巡る懸念が根強く「売り」が優勢となりました。特に値を下げたのは、米中貿易戦争の影響を受けやすい半導体セクターで、ヴァンエック
『米中貿易戦争で半導体セクターの強気相場は終焉を迎えるか』の画像

バフェット太郎です。21日のNYダウ株式市場は前日比298.20ドル(+1.21%)高の2万5013.29ドルと上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は米中貿易摩擦に対する懸念が和らいだためです。米中貿易摩擦への懸念は、米国側が最大1500億ドル相当の中国製品に関税を課す計画を
『【SMH】ヴァンエック・ベクトル半導体ETFに売りシグナルか』の画像

バフェット太郎です。世界最大の半導体メーカー、インテル(INTC)が第4四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想0.74ドルに対して、結果0.79ドルと予想を上回り増した。売上高は予想157億5000万ドルに対して、結果163億7000万ドルとこちらも予想を上回りま
『【INTC】インテル好調な企業決算で暴騰間近!』の画像

バフェット太郎です。 21日のNYダウ株式市場は前日比-77.80ドル(-0.42%)安の1万8517.23ドルと下落し、10日続伸とはなりませんでした。下落した主な要因は、ダウ構成銘柄であるインテル(INTC)が急落したことに加えて、輸送株が下落したためです。 米半導体大手のインテ
『【INTC】インテル、データセンター事業鈍化で株価急落!』の画像

↑このページのトップヘ