バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略) イメージ画像

自動車・自動車部品

バフェット太郎です。28日のNYダウ株式市場は前日比+18.38%(+0.07%)高の2万6458.31ドルと、小幅上昇して取引を終えたものの、これまで投資家らの注目を集めていたグロース株が二銘柄が急落しました。まず、SNS世界最大手のフェイスブック(FB)はー2.59%安でした。これは
『【TSLA】テスラ倒産確率47%に 株主は損切りに追い込まれている』の画像

バフェット太郎です。電機自動車大手のテスラ(TSLA)の株価が時間外取引でー12.62%安の268.72ドルと暴落しています。SEC(証券取引委員会)がテスラのイーロン・マスクCEOを提訴したことが原因です。【テスラ(TSLA):週足】株価は200日移動平均線の262ドルを試そうとして
『【TSLA】テスラ株、SECの早すぎる提訴で株価暴落【グロース株の末路】』の画像

バフェット太郎です。先週末、米電気自動車大手のテスラ(TSLA)の株価が前日比ー6.3%安と急落しました。これは同社のCAO(最高会計責任者)とCPO(最高人材責任者)の退職が明らかになったことに加えて、ネット配信番組でイーロン・マスクCEOがマリファナ(大麻)をプカプカ
『【TSLA】テスラ、「第二のアップル」になれず消滅か』の画像

バフェット太郎です。今から15年前の2003年、アップル(AAPL)に1万ドル投資し、今日まで保有することができれば当初の1万ドルは200万ドルになっていました。とはいえ、今からアップル株に投資しても15年後に200倍になる可能性は低いので、多くの投資家は「第二のアップル」
『【TSLA】テスラへの投資が報われない理由』の画像

バフェット太郎です。電機自動車大手テスラ(TSLA)のイーロン・マスクCEOが「テスラを1株420ドルで非公開化することを検討している。資金は確保した」とツイートしたことを巡って、SEC(米証券取引委員会)がその発表手法や内容の真実性について調査していると報じられまし
『テスラ、嘘の代償は』の画像

バフェット太郎です。米電気自動車のベンチャー、テスラ・モーターズ(TSLA)の第1四半期の世界出荷台数が前年同期比69%増の2万5000台と、四半期ベースで過去最高を記録したことが明らかになりました。テスラ(TSLA)は上半期に出荷台数5万台を目標としており、2万5000台は
『【10倍高】テスラは第二のアップルになる?!』の画像

バフェット太郎です。世界三位の老舗自動車メーカー、ゼネラル・モーターズ(GM)が第4四半期決算を発表しました。前年同期比で売上高は11%増も、純利益は71%減となりました。これは前年にヨーロッパで税制に関する特別利益を計上した反動によるものと、5億ドルの為替差損
『【GM】ゼネラル・モーターズ大幅減益で株価急落!!』の画像

バフェット太郎です。28日のNYダウ株式市場は前日比-15.82ドル(-0.09%)安の1万8456.35ドルとまちまちで引けました。まちまちだった主な要因は、自動車大手のフォード(F)が発表した決算が予想を下回ったことが懸念材料となった一方、引け後に発表されるアマゾン(AMZN)
『【F】フォード予想を下回る決算で株価急落!』の画像

バフェット太郎です。世界3位で米老舗自動車メーカーのゼネラル・モーターズが第2四半期決算を発表しました。内容は良かったです。EPSは予想1.46ドルに対して、結果1.86ドルと予想を上回りました。売上高は予想392億9000万ドルに対して、結果424億ドルと予想を上回りました。
『【GM】ゼネラル・モーターズ、好決算で上方修正!』の画像

↑このページのトップヘ