バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】 イメージ画像

【PR】

バフェット太郎です。バフェット太郎が「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ」を書き始めた理由はいくつかあるのですが、そのひとつに「個人投資家向けの米国株情報サイトをつくりたい」という想いがありました。なぜ、個人投資家向けの米国株情報サイトを作りたかったの
『【必読】あの米国の個人投資家向け情報サイト「モトリーフール」が日本語版をリリース!【米国株投資家は必読】』の画像

バフェット太郎です。投資の世界では、「S&P500インデックスファンドに投資して配当を再投資し続けろ」というのが数ある最適解のひとつとして知られています。【S&P500種指数のトータルリターン:1990-2020】事実、1990年から2020年にかけて、S&P500種指数のトータルリター
『【配当】マーク・リクテンフェルド氏による「配当投資専門」のニュースレターが必見』の画像

バフェット太郎です。貧乏父さんは「持ち家は資産だ」と言い、金持ち父さんは「持ち家は負債だ」と言う。貧乏父さんは「自家用車は資産だ」と言い、金持ち父さんは「自家用車は負債だ」と言う。貧乏父さんは「借金はするな」と言い、金持ち父さんは「リスクをとれ」と言う。
『【お金のバイブル】バフェット太郎が「学生時代に読めたことはラッキーだった」と思えた二冊』の画像

(※Amazonギフト券1000円分プレゼントの応募方法は記事の後半で紹介します!)バフェット太郎です。米国株式市場が史上最高値圏で推移する中、多くの投資家が買い増しに躊躇しており、その結果、現金比率がジャブジャブと増えてしまっている投資家も少なくないと思います。
『【期間限定】今だけAmazonギフト券1000円分プレゼントしてます!!』の画像

バフェット太郎です。バフェット太郎はかねてから米国株で資産運用をしていますが、何も全力買いしているというわけではなくて、現金をいくらか保有しています。これは、株式市場が暴落したり弱気相場入りしても、”十分な現金”があればパニックに陥ることなく愚直に積立投
『【貸付投資】Funds(ファンズ)が長期投資家にとって魅力的な投資先である理由』の画像

バフェット太郎です。米国の景気拡大局面が史上最長記録を更新する中、多くの個人投資家のアセットアロケーション(資産配分)は現金でジャブジャブになっていて、中には現金比率が50%を超えているなんて人も少なくないと思います。現金は投資家に安心と勇気をもたらしてく
『【高利回り】クラウドバンク「待つだけ運用」で驚異の7%利回り』の画像

バフェット太郎です。資産運用において、十分な現金を保有しておくことは、優良株に投資することと同じくらい重要なことです。事実、著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイの現金比率は30%を超えています。なぜ、バフェットが現金を蓄
『【不動産ファンド】CREAL(クリアル)は1万円から一棟マンション、ビジネスホテル、リゾートホテルに少額分散投資できる!』の画像

バフェット太郎です。2月15日発売予定の『いちばんやさしいSDGs入門(宝島社)』に2ページだけバフェット太郎のコラムを掲載して頂いたので宣伝させてください!そもそも「SDGs」とは、「サスティナブル・デベロップメント・ゴールズ(持続可能な開発目標)」の略称で、世界

バフェット太郎です。「人生100年時代」は「超格差社会」の別の名前です。古来より「長寿は喜ばしいこと」と考えられてきましたが、長寿化が進んだことで日本の借金が1100兆円を超え、「年金制度が破綻するのでは」との不安の声が広がっています。たしかに、80歳でホームレス
『【知らないとヤバい】超格差社会の到来に備えた資本主義社会の攻略法』の画像

バフェット太郎です。 金融とITを組み合わせた造語、「フィンテック」。世界は今、この「フィンテック」の進歩が世界の貧困をなくす可能性が高まっていることを期待しています。つまり、先進国の投資家たちが新興国の人たちに投資することで世界から貧困や飢餓を無くそうと
『【投資が世界を救う】ソーシャルレンディングが世界の貧困をなくす!』の画像

↑このページのトップヘ