バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略) イメージ画像

【バフェットに学ぶ】

バフェット太郎です。1996年、ウォーレン・バフェットは米国人の消費者に馴染みのあるブランドを保有する会社の株にのみ投資していました。【1996年:バークシャー・ハザウェイのポートフォリオ】それまで主要銘柄だった自動車保険ガイコはバークシャーの子会社化となったた
『【バフェットに学ぶ】消費者の生活に長く溶け込んだブランドは強力な競争優位性を示しており、売り時は存在しない。』の画像

バフェット太郎です。長期投資家は、できるだけシンプルでわかりやすく、安定したキャッシュフローが見込めるビジネスにのみ投資した方が良いです。なぜなら複雑でわかりにくいビジネスは投資していても自信が持てず、業績が少し傾いたりネガティブなニュースが広まると、た

バフェット太郎です。1978年、ウォーレン・バフェットは投資におけるひとつの結論に至りました。それは、「そこそこの事業を素晴らしい値段で買うよりも、素晴らしい事業をそこそこの値段で買う方がずっといい」というものです。しかし、それにも関わらずバフェットはベンジ
『【バフェットに学ぶ】素晴らしい事業をそこそこの値段で買いなさい』の画像

バフェット太郎です。賢明な投資家は、本質的な価値よりも割安な価格で取引されている優良株に投資するものですが、誰もが認める優良株とはなかなか割安にならないものです。ほとんどの場合において、業績が低迷し、将来に渡って業績の改善が期待できない過去の優良株などが
『【バフェットに学ぶ】ターンアラウンドの賭け方』の画像

バフェット太郎です。 著名投資家ウォーレン・バフェットの投資スタイルは、昔から厳選した優良銘柄に集中投資し、長期で保有するというスタイルで知られていますが、だからと言って彼が将来の見通しを予想する能力がなかったわけではないし、予想をしてこなかったわけでも
『【バフェットに学ぶ】時流に振り回されない投資前略』の画像

バフェット太郎です。 著名投資家ウォーレン・バフェットの投資スタイルは、厳選した優良株に集中投資して長期で保有するというもので、現在のポートフォリオは、食品大手のクラフト・ハインツ(KHC)や銀行大手のウェルズ・ファーゴ(WFC)、ソフトドリンクのコカ・コーラ
『【バフェットに学ぶ】容易に理解できる株だけ買え!』の画像

↑このページのトップヘ