バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略) イメージ画像

中国

バフェット太郎です。中国景気に底入れの兆しが見えています。中国国家統計局が発表したGDP(国内総生産)は前年同期比予想+6.3%に対して、結果+6.4%と予想を上回りました。GDPは世界金融危機以来10年ぶりの低水準を記録していますが、前四半期からは横ばいと、これまでの
『【中国株】バブルへGO!!』の画像

バフェット太郎です。4月3日~5日の日程で開催された閣僚級の米中通商協議が終わりました。今回の協議でも両者の溝が埋まることはなく、交渉は長期化の様相を呈するなど地政学リスクが高まっています。すでに貿易摩擦の影響が経済に波及し、景気減速懸念が高まっている中国は
『【米中通商協議は長期化へ】中国の株高は短命か』の画像

バフェット太郎です。米中貿易摩擦が続く中、中国経済の減速は深刻なものになりつつあります。中国国家統計局が発表した中国鉱工業生産は前年比で予想5.5%に対して、結果5.3%と予想を下回り、およそ17年ぶりの低い伸び率に留まりました。小売り売上高は前年比で予想8.1%に
『中国不動産市場にバブルの兆候か』の画像

バフェット太郎です。中国国家統計局が発表した中国の輸出額は、対前年比で-20.7%減少したことで投資家らを驚かせました。ただし、この季節は毎年指標が激しく動く傾向があるので、過度な悲観は禁物です。過去三年間の中国の輸出額(対前年比)を振り返ると、毎年1月から3月
『【悲報】中国の輸出額激減で中国経済の崩壊は近いか』の画像

バフェット太郎です。25日の上海総合指数は前日比+157.06ポイント(+5.6%)高の2961.28ポイントと急騰し、強気相場入りしました。中国株式市場が急騰した主な要因は、米中貿易摩擦を巡る楽観的な見方が好感されたほか、中国政府がバブル政策に舵を切ったためです。中国は米
『【中国株】始まるバブル相場、中国経済は悲惨な結末を迎えるか』の画像

バフェット太郎です。8日のNYダウ株式市場は前日比-63.20ドル(-0.25%)安の2万5106.33ドルと下落して取引を終えました。下落した主な要因は、トランプ大統領が通商交渉のタイムリミットである3月1日までに、習近平国家主席と会談をしないことを明らかにしたことで、米中貿
『【米中貿易摩擦】中国経済失速で、世界経済のリスク高まる』の画像

バフェット太郎です。中国経済の先行きに緊張感が走っています。中国税関総署が発表した12月の貿易統計によれば、輸出が予想+3.0%に対して、結果-4.4%、輸入は+5.0%に対して、結果-7.6%とそれぞれ予想を大きく下回りました。輸出は16年12月以来、二年ぶりの大幅な落ち込
『【悲報】中国貿易、米中貿易戦争で米国にボコボコにされる』の画像

バフェット太郎です。9日のNYダウ株式市場は前日比91.67ドル(+0.39%)高の2万3879.12ドルと四日続伸して取引を終えました。上昇した主な要因は、米中通商協議が進展の兆しを見せたためです。この日通商協議を終えたUSTR(米通商代表部)は声明で、「中国政府が米国からかな
『米中通商協議と中国経済のリスク』の画像

バフェット太郎です。中国景気が鈍化しつつある中、中国人民銀行は預金準備率を1ポイント引き下げることを発表しました。引き下げは18年10月以来3ヶ月ぶりで、大手銀行の標準的な準備率は13.5%になる見通しです。そもそも預金準備率とは、市中銀行から強制的に預かるお金の
『中国景気失速で金融緩和へ 預金準備率を引き下げるも株高は限定的か』の画像

バフェット太郎です。みなさん、あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!!さっそくですが、18年最後の取引となった31日のNYダウ株式市場は前日比+2665.06ドル(+1.15%)高の2万3327.46ドルと上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は、米中貿易
『【悲報】中国経済バブルへの懸念高まる』の画像

バフェット太郎です。14日のNYダウ株式市場は前日比-498.87ドル(-2.02%)安の2万4100.51ドルと急落して取引を終えました。急落した主な要因は、世界経済の減速懸念が高まったためです。中国国家統計局が発表した11月の小売売上高は予想+8.8%に対して、結果+8.1%と予想を
『【悲報】世界経済崩壊へのカウントダウン始まったか』の画像

バフェット太郎です。中国国家統計局が発表した11月の中国PMI(製造業景況指数)は予想50.2に対して、結果50.0と予想を下回りました。これは中国経済の景気拡大期が終わりを迎えつつあることを示唆しています。そもそも中国PMIとは、中国の製造業が拡大局面にあるのか、ある
『【悲報】中国経済終わりの始まりか【中国株クラスタ涙目www】』の画像

バフェット太郎です。中国株式市場から急速に投資資金が引き揚げられる中、中国株投資家はすでに白目をむいて泡を吹きつつあります。【上海総合株価指数:1998ー2018】上海総合株価指数は一時2449ポイントと、15年の高値5178ポイントからおよそー53%安と半値以下まで落ち込み
『中国株投資家「長期的に見れば上昇するのだから、短期的なボラティリティ(変動率)を無視して中国株に長期投資すればいい(2006)」結果→白目(2018)』の画像

バフェット太郎です。国慶節の連休明けの中国株式市場は前日比ー3.72%安の2716.51ポイントと急落しました。中国人民銀行(中央銀行)が景気刺激策として預金準備率を1%ポイント引き下げると発表したのにも関わらず「売り」が止まらなかったことを考えると、投資家らが米中貿
『中国株、待ち受ける未来は悲劇か』の画像

バフェット太郎です。トランプ大統領が約2000億ドル規模の中国製品に対する追加関税措置を進めるよう指示したことが明らかになりました。この報道を受けてダウ平均は急落し、マイナス圏に落ち込む場面もありましたが、結局前日比+0.03%高とほぼ横ばいで取引を終えました。さ

バフェット太郎です。新興国株の代表格でもある中国株は、トランプ大統領が対中制裁関税の拡大を示唆していることから弱気相場入りしています。米国は中国が「通貨」と「技術」の分野で覇権を握ろうとしていることから、対中制裁を強化し、そうした野望を握り潰そうとしてい
『中国株、長期低迷か』の画像

バフェット太郎です。4ー6月期の四半期決算が本格化する中、S&P500種構成銘柄の17%にあたる87社が四半期決算を発表し、このうち84%の企業がEPS(一株当たりの利益)が予想を上回るなど、好調な企業業績が確認できました。また、労働市場をはじめとした経済指標も堅調である
『中国と銅の弱気相場入りは世界同時株安の引き金を引くか』の画像

バフェット太郎です。米中貿易戦争が激化する中で、中国株が暴落しています。【上海総合指数:日足】上海総合指数の日足チャートを眺めると、直近の高値3587からわずか五カ月で2876と二割も暴落し、弱気相場入りが濃厚となっています。米中貿易摩擦を巡っては、トランプ政権
『中国株が暴落する理由』の画像

バフェット太郎です。先週一週間、世界同時株安が投資家を襲ったわけですが、とりわけタイやフィリピン、インドネシアなどの新興国株が底堅かったです。しかし、多くの新興国株投資家たちがポートフォリオに組み入れているとされる「バンガード・FTSE・エマージング・マーケ

バフェット太郎です。中国株式市場の様子が少しずつ怪しくなってきました。【iシェアーズ中国大型株ETF:FXI】iシェアーズ中国大型株ETF(FXI)は中国の大・中型株で構成される指数に連動するように設計されたETFで組入れ銘柄数は51。金融の比率が約半分を占めています。指数
『【中国株バブル崩壊前夜】実体経済と乖離しつつあるマーケットの行方』の画像

↑このページのトップヘ