バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略) イメージ画像

雇用統計

バフェット太郎です。米労働省が5月の雇用統計を発表しました。内容は良かったです。非農業部門就業者数は予想19万増に対して、結果22万3000人増と予想を大きく上回りました。失業率は予想3.9%に対して、結果3.8%と0.1ポイント低下しました。これは2000年4月以来18年ぶりの
『【5月雇用統計】好調な労働市場の光と影』の画像

バフェット太郎です。米労働省が4月の雇用統計を発表しました。非農業部門就業者数は予想17万5000人増に対して、結果16万4000人増と予想を下回りました。失業率は予想4%に対して、結果3.9%と2000年12月以来の低水準となりました。平均時給は前月比予想+0.3%に対して、結果
『【4月雇用統計】失業率3.9%も景気に過熱感はなし』の画像

バフェット太郎です。9日のNYダウ株式市場は前日比+440.53ドル(+1.77%)高の2万5335.74ドルと大きく上昇し、ナスダック総合は+132.86(+1.79%)高の7560.81ポイントと過去最高値を更新しました。上昇した主な要因は、2月の米雇用統計が好感されたためです。非農業部門雇用
『【2月雇用統計】賃金が伸び悩みが株式市場にとって追い風となる理由』の画像

バフェット太郎です。労働省が1月米雇用統計を発表しました。内容は良かったです。非農業部門雇用者数は予想17万7000人増に対して、結果20万人増と予想を上回りました。失業率は予想4.1%に対して、結果4.1%と予想に一致しました。平均時給は前月比予想0.2%増に対して、結

バフェット太郎です。5日のNYダウ株式市場は前日比+220.74ドル(+0.88%)2万5295.87ドルと過去最高値を更新して取引を終えました。上昇した主な要因は、投資家らが注目していた12月雇用統計の内容が好感され、FRBによる3月利上げの確率がさらに高まったと見られたためです。

バフェット太郎(@buffett_taro)です。8日のNYダウ株式市場は前日比+117.68ドル(+0.49%)高の2万4329.16ドルと続伸して取引を終えました。上昇した主な要因は労働省が発表した11月の米雇用統計が好感されたためです。【11月米雇用統計】非農業部門雇用者数は予想20万人増

バフェット太郎(@buffett_taro)です。投資家が注目していた9月の雇用統計を受けて、NYダウ株式市場はー1.72ドル(ー0.01%)安の2万2773.67ドルとほぼ横ばいで取引きを終えました。非農業部門就業者数は予想を大きく下回ったものの、堅調な労働市場を好感して相場が崩れるこ

バフェット太郎です。NYダウ株式市場は前日比66.71ドル(+0.30%)高の2万2092.81ドルと、8営業日連続で史上最高値を更新しました。上昇した主な要因は好調な雇用統計を受けて金融株が軒並み上昇したためです。【ダウ平均:$INDU】雇用統計の非農業部門雇用者数は、前月比予
『【雇用統計】予想上回る好調な労働市場を背景にダウは8営業日連続で史上最高値を更新!』の画像

バフェット太郎です。冴えない労働市場に関する経済指標が相次ぐ中、労働省が6月の米雇用統計を発表しました。内容が良かったため、FRB(米連邦準備制度理事会)が年内少なくともあと一度利上げするとの観測が高まりました。非農業部門雇用者数は予想17万9000人増に対して、

バフェット太郎です。投資家が注目していた米雇用統計は予想を下回る弱い数字でした。労働省が発表した3月の米雇用統計によれば、非農業部門雇用者数が予想17万5000人増に対して、結果9万8000人増と予想を大幅に下回り、増加ペースが大きく減速しました。一方で失業率は予想4
『【雇用統計】就業者数が急減速!米国経済は終わりつつあるのか』の画像

↑このページのトップヘ