バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略) イメージ画像

バフェット太郎です。FRB(米連邦準備制度理事会)による政策金利の引き上げ後、金価格は急落しています。これは、利上げ自体は想定されていたものの、GDP成長率、失業率、インフレ率など各種経済指標の見通しが上方修正されたことで利上げペースの加速が示唆されたためです
『利上げ局面でも金価格が底堅くなる理由』の画像

バフェット太郎です。投資家たちは今、6月12・13日に予定されているFOMC(連邦公開市場委員会)でFRB(米連邦準備制度理事会)が政策金利を1.75~2.00%に引き上げるだろうと予想しています。FRBが政策金利を引き上げれば、債券市場では米2年債利回りが上昇(価格は下落)す
『【警告】利上げ局面で金鉱株に投資してはいけない理由』の画像

バフェット太郎です。ダウ平均が直近の高値から10%以上下げたことで米国株式市場は調整局面を迎えたわけですが、この時、投資マネーの逃避先の一つとなったのが安全資産として知られる金先物市場でした。政策金利の上昇は短期的には株式市場にとってマイナス材料となるため
『金鉱株は政策金利の引き下げとともに買いなさい』の画像

バフェット太郎です。ドル指数がわずか一カ月半で5%超下落する中で、金価格は10%弱上昇しています。ドルが売られると安全資産としての金が買われるのは今も昔も変わりません。こうした中、投資家の中には金鉱株に触手を伸ばそうと考えている人も少なくないと思いますが、金
『【金鉱株】金利と金鉱株は逆相関の関係にある』の画像

バフェット太郎です。ハリケーン「ハービー」がテキサス州南部に直撃したことを受けて、ヒューストンやメキシコ湾岸の製油所が操業停止となったことから生産量が減少するのではとの懸念が高まり、NY原油先物相場は前日比-2.72%安の46.57ドルと急落しました。「ハービー」の
『金はレジスタンスをブレイクアウト!金鉱株は買いか?!』の画像

↑このページのトップヘ