バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略) イメージ画像

為替

バフェット太郎です。先週、米10年債利回りの急騰を受けてドル円相場が一時1ドル114円55銭まで上昇し、114円半ばにあるレジスタンス(上値抵抗線)を突破できるか否かが注目されましたが、四度目となる今回もレジスタンスに抑えられるようにして反落しました。【ドル円相場:
『ドル高が一段と加速する理由』の画像

バフェット太郎です。19日のNYダウ株式市場は前日比+158.80ドル(+0.61%)高の2万6405.76ドルと上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は、米10年債利回りが3%の節目を超えて四カ月ぶりの高水準を付けたことで金融株が軒並み買われたためです。米10年債利回りが上昇し
『これからもドル高が続く理由』の画像

バフェット太郎です。日本の債券市場で日10年債利回りが一時0.093%と、前週末の0.036%から+158.3%と急騰しました。【日本10年債利回り】日本10年債利回りが急騰(価格は急落)した主な要因は、日銀が金融緩和の正常化に向けて、副作用を和らげる方向で政策修正を検討する
『日本10年債利回り急騰も、ドル高トレンドは終わらない理由』の画像

バフェット太郎です。ドル円が一時1ドル112.74円と113円に迫る勢いを見せています。なぜ、米中貿易戦争が激化する中で資金の逃避先として知られる円ではなくドルが買われているのでしょうか。【ドル円:日足】これまで為替トレーダーたちは、「米中貿易戦争が激化すれば株価
『【為替】1ドル114円台半ばをターゲットにドル高が進むか』の画像

バフェット太郎です。米国株投資家にとってドル円相場の行方は資産評価額を大きく左右するため、気になっている人も少なくないと思います。そこで現在のドル円相場を振り返っておきます。【ドル円相場:2015ー2018】過去三年間のドル円チャートを眺めると三角保ち合いを形成し
『貿易戦争激化懸念もドルが底堅い理由』の画像

バフェット太郎です。米国が金融政策の正常化を目指して段階的な政策金利の引き上げを実施する中、日銀の黒田総裁は「(当分の間)現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが適当」とし、日本は未だに緩和の出口が見えていません。黒田総裁は日本の物価が上がらない要
『日銀出口見えずでドル高加速か』の画像

バフェット太郎です。武田薬品工業がアイルランドの製薬大手シャイアーの買収に向けて最終調整に入ったことから、近いうちに為替相場はドル高円安トレンドが加速することが予想されます。これは過去を振り返ると、日本企業が外国の大型企業の買収を発表すると為替がドル高円
『海外大型買収で為替はドル高円安方向か』の画像

バフェット太郎です。ドル円相場は1ドル104円台と、1年5ヵ月ぶりの水準まで下落しており、今年はドルを買うのに絶好の一年となりそうです。【ドル円:週足】ドル円の週足チャートです。昨年は108円~114円のレンジでボックス相場を形成していましたが、2月の調整局面で下にブ
『2018年はドルを買うのに絶好の一年となり得る理由』の画像

バフェット太郎です。日銀の黒田総裁が、衆院議員運営委員会での質疑で、「2019年度頃に物価が目標の2%に達すれば、出口を検討する議論をしていくことは間違いない」と発言したことで円が急速に買われました。そもそも為替相場は二国間の金利差と相関関係にあります。例えば
『【為替】ドル安円高が18年11月まで続く理由』の画像

バフェット太郎です。日米10年債利回りが拡大する中で、ドル円相場が1ドル108円台とドル安円高が進んでいます。通常、日米10年債利回りが拡大すれば、日本国債に投資するより米国債に投資した方が高い利回りが期待できるので、日本国債(円)を売って米国債(ドル)を買う動
『日米10年債利回り格差と為替の関係』の画像

バフェット太郎です。ドル円相場は足元で108円台で推移していますが、これは短期的な調整で、今年は緩やかにドル高が進む可能性が高いです。【ドル円:日足】以前、ドル円相場はドル高になる理由として、日米金利差の拡大を例に挙げましたが、今回はレパトリ減税の影響につい
『円預金のリスク高まる、レパトリ減税と日米金利差の拡大を受けて』の画像

バフェット太郎です。ダウが史上最高値を更新する中で、日本の米国株投資家は株高の恩恵を受けていますが、ドル円が1ドル110円台と急落したことで、値上がり分が相殺されつつあります。【ドル円:日足】ドルが下落している主な要因は、米国債保有額として世界最大の中国が、
『【為替】ドル急落も、中期的には1ドル120円台を目指す理由』の画像

↑このページのトップヘ